« 2009年02月 | <<< メインへ戻る | 2009年04月 »

2009年03月30日

どっちみち春よその2。

行ってきた!anoa&島崎智子のどっちみち春よ2。

春なのに、雪の降るほどの寒さ。
冬物ひっぱり出して、朝から向かうは富山の高岡。
駅から会場には車でお迎えに来て下さり、走ること結構長め。
しかも進むごとにな〜んもなくなってくる。ちょうど不安になる頃、着いた所は大きなお庭のカフェ。
素敵すぎる。カフェも天井が高くて気持ちよい。ピアノも響きすぎるほど響く。大興奮。
スタッフの方も、カフェのゴハンも、何もかもが、私達を心を持って迎えてくれている。
そう感じて、私は素直に歌を届ける気持ちだけで歌えた。そして届いた。素敵な時間。
P1010786a.jpg

翌日は、お昼から贅沢にお寿司を頂く。
前日の打ち上げもポローニアの美味しいご飯をたらふく食べたので、無理かな〜と思ったけど、
ちゃんとお腹がすいてきて、ぺろっと、しかもおかわりまでして食べた。
美味しいお寿司と楽しくて深い話に、満たされまくりで金沢に向かう。
ほんとなら無理だろうけど、このままだと食べるタイミングを失う。と、前日お土産で頂いていたポローニアのケーキを電車の中で食べた。「美味しい〜」と二人。やさしい味がした。
P1010801a.jpg

もう無理やろ〜と言いながらも、その日の会場メロメロポッチは、生ジュースが売りの店。
着くなり二人ともジュース飲んでた。そして「美味しい〜」
ここは、お店の雰囲気が独特で、ピアノが水色に塗られている。おとぎ話の中みたい。
この日はピアノを真ん中に置いて、お客さんに360度見られながらの演奏。
二人の連弾は回を重ねる事に、良くなっていて、この日の連弾はかなりのテンションだったと思う。
にぎやかにライブを終え、その日は、古民家にて宿泊。宿ではないです。普通の家なんです。
その家の人達は、とても良い顔をされていて、それだけで、疲れがとれそうなくらいだった。
朝起きると、和食の朝ご飯が用意されていて、お野菜もお米もお味噌汁も何もかも美味しくて、
ご飯おかわりしてしまった。そこでも美味しいご飯と楽しいお話で、満たされまくる。
P1010810a.jpg


そして向かうは、最後の土地、豊橋。特急と新幹線を乗りつぐ。
特急では二人とも寝ていたものの、新幹線では、こっちゃんが金沢で買っていた麩を食べる。
きなことあんこを絡めて、これまた、めちゃうま!!
二人でテンション上がりながら食べてたら、予想以上に早くに着いてしまい、買っていた珈琲を
一口も飲めないで手に持ったまま会場入り。
この日は、クラブイベント。客層もまたガラっと変わる。
でも、主催者の心がちゃんとお客さんに伝わっていて、二人のライブにちゃんと耳を傾けてくれていた。聴く時間が終わると、後半はライブペイントに即興で曲をつけたり、コラボレーションタイム。
未知の出来事が盛りだくさん。うちらも最終日って事もあって、最後は遊んだ。
そして、イベントが終わって深夜、主催者のお宅に移動し、お家で打ち上げ。料理人さんがいたので、彼の手作りのサラダやパスタを頂く。またしてもやさしい味。「美味しい〜」と言いながら、ライブ後のはらぺこお腹を満たしていく。ここでもいろいろな話で盛り上がり、寝たのは外が明るくなってから。
ぐっすり眠り、お昼すぎに起きたら、トーストとサラダ!もう、幸せすぎ!
帰りは車で駅までお見送りをしてもらう。
ただ送ってくれるだけではなく、私達が楽しめるようにいろいろ回ってくれた。
高岡でもそうだったけど、そんな心配りにじんわり感動。
P1010821a.jpg

初めて行ったこの3つの町で、私はたくさんのおもてなしをうけました。
そこに流れる時間、そこにあるもの、全部に心がありました。
ゴハンがやさしい味なのは、作る人のやさしさで、
そこで気持ちよく歌えるのは、そこに関わる人達の気持ちの良さがあるからで、
そんな事をありありと感じました。

本当にありがとうございました。そして、また会いましょう!

そして、ツアーに誘ってくれたこっちゃんに感謝。
来月もはりきっていこな〜!

投稿者 anoa : 22:43 | コメント (0) | トラックバック

2009年03月21日

K&Kインディーズコレクション

昨日は、ポットキャストの収録をしに町田へ。

お話があまり得意でない私ですが、KATEさんとkuronekoさんのお二人のおかげで安心して収録できました。普段の話声が小さいので、声をハリ気味で頑張ってはみたけど、K&Kさんに比べるとやっぱり小さいな〜。と言う感想。普段、ちょっとにぎやかな居酒屋とかに行くと、完全に回りに負けてます。
歌うたいなのに、声とおりません。多分、歌と話す時の声量のバランスがとれないんやろうな。

と言う訳で、こちらのサイトのvol.13で聞けますので、聞いてみてね〜!
http://coc.xsrv.jp/

投稿者 anoa : 15:35 | コメント (0) | トラックバック

2009年03月18日

連弾ライブ

ちょうど私達が二人で何かしようと言ってる時だったので、これも良い偶然だと、二つ返事で引き受けたようなものの、まだ何も始めてなかったので、どうなるかわからない部分もあった。

でもそんな不安はいりませんでした。

今回で三回目のライブだけど、だいぶ二人が馴染んできたと感じた。
まだまだの部分は多いけど、楽しくやっている事が見ている人にも伝わっていると感じるし、
二人で演奏できる曲が少しづつ増えてきてるし、この調子でツアーにいけるぞ!とウキウキ気分。

どっちみち春よ〜。

29388325_1631193290s.jpg

投稿者 anoa : 22:33 | コメント (0) | トラックバック

2009年03月13日

ラブリードーナツ

クリスピードーナツを頂いた。

今日で二度目。

最初の時は一つ買っただけだったので、あの箱には入らず。

今日はあの箱。

そしてふたを開けると何ともラブリ〜!

思わず「ワォ」って言いそうだった。


Image033.jpg

投稿者 anoa : 22:35 | コメント (0) | トラックバック

2009年03月09日

カラオケにて

先日は、親戚の叔父さんと友達をまじえ5人で食事をし、盛り上がった勢いでカラオケへ。

カラオケって滅多に行かへんし、新しい曲知らんし、歌える曲少ないし、
自分の歌も入ってへんし(誰か入れてくれ!)、モノマネしても微妙やし、
ハモリもできへんし(これはいつもの事)、ボーカリストなのに一番点数低いし、やってられん〜!

と、自分的には半ばやけくそだったが、

20代から50代まで揃ったカラオケは、結構盛り上がり楽しかった。


あんまりお見せできるもんではないですが、、
ハンドマイクの目ヂカラなしで、ふりつけしながら熱唱中。
P1010780a.jpg

投稿者 anoa : 23:21 | コメント (0) | トラックバック

2009年03月05日

おひなまつりでオブラディ〜

3/3ひなまつりライブ@新横浜ベルズ。雪つき。
ベルズは5年ぶりくらい。今回誘ってくれたアレアレアも同じぶり。
再会に喜び、楽屋ではマネージャーさんと会話が弾む。

二人の衣装が着物になっている事もサイトで知っていて、実際見るのが楽しみだった。
いつもはクタクタのガーベラを飾ってる私も、せっかくなので桃の花を買っていき、
私の時以外もステージに飾った。そんな桃とアレアレアの衣装とが似合ってて、
買ってきてよかった〜と思った。

彼女達もブギをやっていましたよ。
しかも私の好きな笠置シズ子、しかも私もチャレンジしたいと思っている「買い物ブギ」やってました。

最後には、R・2さん達見恵さんも出演者みんなで「オブラディオブラダ」歌いました。
この曲も大好きなので、めっちゃ楽しかった!

アレアレアのリノちゃんが歌う前にMCで「オブラディオブラダ」の意味知ってる?と言うから知ってるんやと思ったら、「わからへん」やって。なんやそれ(笑)

アブラカタブラみたいなもんちゃうんかな?

知ってる人がいたら教えてね。リノちゃんに教えてあげるから。

さあ、今月は東放学園のイベント、そしてツア〜!
まだまだ盛りだくさんです!

Image026.jpg

投稿者 anoa : 00:12 | コメント (0) | トラックバック

2009年03月02日

偶然

偶然テレビをつけたら、偶然について話してる人。

物事は偶然からおこってるけど、それをどう感じるかで必然に変わるし、楽しむ事ができる。
偶然を捉えるためには、感性を研ぎすまさないといけないし、努力もいる。
そして、偶然ベタの若者が多い。
と言うような内容だった。

そうやんな〜。考えてみれば何でも偶然からおこってるなぁ。

私は、物事には意味があると考えるようにしている。
特に、「なんで私が?」と悲観的になるような辛い事の場合、
意味なく辛いよりいいし、乗り越えやすい気がするから。

偶然ベタの若者はそんな時、ただ辛いだけなのかな。
打たれ弱い若者って言うのも聞いた事があるので、うなずける話かも。

しまった!

「今の若者は」と言い出すようになってきたかもしれん。いかん、いかん。


今日書きたかったのは明日のライブの事。

久々の新横浜で、久々のアレアレアとの共演です。出番は19:30くらいからですが、
お近くにいる方、遠くの方もご都合良ければいらしてね。

そう言えば今回のライブをアレアレアからお誘い受けたのも、私が偶然彼女達のサイトを見た
直後だったから、びっくりしたんやった。

人生、偶然を楽しむ!

投稿者 anoa : 22:59 | コメント (0) | トラックバック

2009年03月01日

角質のない足の裏

今日は、先月に出産した友達の子供を見に行った。
昨日は京都にて私の幼なじみが無事出産したとお知らせをもらったばかり。
なんだか、出産ラッシュ。

この世に出てきてまだ一ヶ月ほどの小さなその子は、声を出したり、あくびをしたり、泣いたり、
笑ったり、思ったよりも表情豊か。その子がいる事で癒される空間。

小さな目、手、足。角質のない足の裏に感動。

言葉を話さない子供の欲求を感じ取る母。さすが。

そして、やっぱり聞いてしまう「痛み」

以前、陣痛の痛みを「生きたままお腹を引き裂かれる」と言うたとえがあったけど、

今回は「大きなダンプカーのタイヤでお腹をグリグリされてる感じ」

どっちもいや〜!!

投稿者 anoa : 21:01 | コメント (0) | トラックバック