« 2009年06月 | <<< メインへ戻る | 2009年08月 »

2009年07月30日

情熱が奇跡を呼ぶ

ここの所のブログは何回忌や死や、そんな事が多いのでその流れでもう一つ。
と、言っても今回はテーマが少し違う。

まだ死因についてなど、テレビで取り上げられているマイケルジャクソン。

彼のステープルズセンターの葬儀の事では本当に日本中、世界中が大変な騒ぎだった。

そんなマイケルの葬儀会場に奇跡的に入れた人がいる。

以前からその人がマイケルを好きなのは知っていた。
だけど、葬儀に行くと聞いた時に「そこまで好きやったんか!」と思った。
だって、チケット抽選は外れているし、中に入れる可能性はほとんどない。
それどころか厳戒体制で、チケットのない人は建物の近くにも行けないと言う噂。

それでも「マイケルが呼んでるから」なんて冗談まじりで言いながらアメリカに旅立った。

当日、会場に向かうものの、やはり、会場の随分先で警備がされていたよう。
ウロウロと場所を変えても何も見えないし、音も聞こえないし、これだとホテルでテレビを見てる方が良い。とあきらめかけた時に、チケットをいらないか?と声をかけられ、しかもVIP席を手に入れたそうだ。

「チケットを譲って」などと書いた紙を持っている人もいた中で、何故声をかけられたのか不思議だ。

マイケルへの情熱が生んだ奇跡。

想いって、すごい。


そして私は、明日から二度目の中国地方ツアーに出かけます!
お天気心配ですが、想いを胸に、歌いに行きます!

投稿者 anoa : 00:02 | コメント (0) | トラックバック

2009年07月29日

なんだか

今年は、ミュージシャン、しかもまだ若いと言われる人達がよく亡くなる。

と思いながらこうして書くつもりはなかったけど、
今日の川村カオリさんのニュースを聞いて思わず書いてしまった。

最近「ご無沙汰してるなぁ」と思っていた知人が、実は亡くなっていた事を友人から聞いた。
その人もまだ30代だった。

私は、特に大きな病気もしていないし、今はまだ検診でも異常はないし大丈夫な気になっている。

でも、いつ何がおこるかわからない。(それは病気に限らずやけど)

だから結局は、一生懸命生きるしかないんやな。

投稿者 anoa : 00:10 | コメント (0) | トラックバック

2009年07月19日

23回忌

このブログで毎年書いている、友達のお墓参りに昨日も行った。

命日と言う訳ではなく、集まりやすい土曜日にしているけど、毎年本当にいい天気で暑い。
数年前に一度、天気が危ぶまれた時があったけど、お墓に行くと晴れた。

今年も、前日は一日中雨。当日も朝は少し降ってたと言う子もいるくらいにどんよりした曇り空。
雨は降らなくてもさすがに今年は曇っているかもしれない。と思いながら出かけると、
曇り空から少し顔を出した青空が、お墓につく頃には、夏の青空になって、太陽もこれでもかと言うほどに私たちを照りつける。嘘みたいな晴れ。

暑いやろ〜と声をかけながらみんなで順番にお墓に水をかける。

「今年は23回忌らしいで。石原裕次郎と一緒やって」と一人が言った。

「そうなんや〜。って事は何年たったん?」
「10歳の時やっけ?」「違うで」「平成10年?」「そんな訳ないやん!」
「なんで23回忌なん?」などと中身は小学生のままの私達の会話。

“お前ら勉強してこいよ”とお墓からツッコミを入れられてるかもしれんな〜と、
お墓を後にしてお家へお参り。

そこで、それぞれの近況報告など話す。
会話の内容が、健康だの、髪の毛がどうのだの、今の若い子はだの、中年の話題が増える。
そりゃそうだ。24年もたっている。

写真の中の彼は、見る度に幼く思える。私達もあんなだったんだ。
その頃も自分の記憶も、彼との記憶も、遠くなっている。

だけど、毎年お参りする事で、その記憶は消えずにいれるのかもしれない。

私達の事を喜んでくれているのか、彼に聞く事はできないけど、
カンカン照りのお日様が、彼の満面の笑顔に思えてならない。

それにしたって、暑すぎなんですけど。

投稿者 anoa : 11:14 | コメント (0) | トラックバック

2009年07月08日

デザインデザイン

最近の私は、何だかデザイナーです。

こないだお友達の名刺をデザインして、今は別のお友達の名刺のデザインを作成中。

その人のイメージ、その人の希望をふまえ、あーでもない、こーでもないとやっている。
パソコンに向かう作業は肩もこるし、ラクではない。
だけど、モノを作り出す作業、素敵なものができた瞬間、それを喜んでもらえる嬉しさって、
音楽と近いな〜って思った。
5〜6年前、いや、3年前くらいまでは、考えても見なかったけどね。わからんもんです。

とは言え、自分にとっては、やっぱり音楽が一番やなと改めて感じてもいる。

でも、デザインも楽しみながらできたらな〜と思う。

「自分はこうだ」と決め込んで、可能性や楽しみを見過ごしてきた事も多いんやろうと思う。

必死になると、望みは遠ざかるのかもしれないね。

投稿者 anoa : 23:44 | コメント (0) | トラックバック

2009年07月04日

わざわざセール

ただでさえ、土曜日の新宿なんかすごい人で行きたくないのに、
わざわざ、セールの為に出かけてしまった。

思った以上の人だかり。
来た事を後悔しかけたけど、私の入った店での試着はどこもスムーズだった。
なので、見た目だけでなくちゃんとサイズ感も確かめられた。これ大事!
そして可愛い子ゲット!

「着てて楽そうだし、ツアーに着て行こう!キャッホー!」

『って言うてる場合やないで。あんた。最近、着なくなった大量の服を友人にあげたりして片付けた所やのに、また増やしてどないすんねん!』

「そうですけど、新しい衣装も着たいもん、、、」

『衣装って言うと許される思って、、、しゃーないな。』

「しゃーないです。」

(注:心の会話)


Image104.jpg

投稿者 anoa : 23:10 | コメント (0) | トラックバック