« 2011年02月 | <<< メインへ戻る | 2011年04月 »

2011年03月30日

音楽ありがとう

3/29は代々木ラボでライブ。
地震がおこってから初めてのライブ。

いつものようにと思っていたものの、日々テレビなどで入ってくる情報などで、
知らない間に心が弱っていたみたい。

人前に立てる精神力がいつもより弱かった。

だから、リハーサルの時間の許す限り歌った。
音楽を自分の中に浸透させて、心のリハビリをしているような感じだったかもしれない。

楽屋でも、ステージでもやはり震災の話題が出る。
ラボにも募金箱があったり、ドリンク代金の一部が寄付されるようになっていた。

ステージ上で語られる話や表現は違うけど、今の現状を受け止め、考え、良い方向に向けたい。
と言う気持ちは同じなんだと感じた。

もともと、歌い手さんはそれぞれの個性があって、表現が違う訳やけど、
こうして、皆が同じ時に同じ経験をしている中だから、特に個性と言うのを感じた。

歌い手に限らず全ての人に言えるけど、ほんまに人それぞれの感じ方があるんやと思う。
だから、反対、賛成と言うのも生まれるんやけど。

でも、表現とか行動とか、形は違っても、内側にある想いとか希望とかが同じならば、
違う事を批判する必要はないねんな。

この日のラボは、とってもあったかい空気やったよ。

音楽は、頭で考えたりするもんじゃなくて、心を緩めて、感じるもんや。
音楽に満たされた時、すごい幸せな気分になって、元気が出る。

私自身が、こんなに音楽に救われて、元気をもらっていたんや。
と言うのがわかった日だった。

歌う事で、原発事故を終息させたり、町を元通りにするとかはできないけど、
人の心は元気にできる。
まあ、そんな事みんな言うてるけどね。


最後にご報告として、この日のラボで頂いたお金の一部をラボに募金として渡しました。
金額としては足しになるんか!?と言う額ですが、自分の生活もあるので、できる範囲でしました。
まだまだ義援金は必要みたいだから、無理ない所で、募金していけたらと思っています。


ありがとうございました。


426117_1059031722_134large.jpg

投稿者 anoa : 23:46 | コメント (0) | トラックバック

2011年03月23日

答辞の言葉

昨晩、ご飯を食べながら、テレビを何となく見てたら、
ニュースの中の一部で、被災地の中学校の卒業式の模様が流れた。

その中で、男子生徒が読んだ答辞の言葉に、その姿に衝撃を受けた。

地震後いろいろな映像を見た中で、辛くなったり、涙が出た事もあった。
でも、それとは違う感覚だった。考える間もなく、心が震えた。

自分が今までブログで書いたような事が、申し訳なく恥ずかしくなった。
結局は、自分の感情を吐き出していただけではないかと。

彼の言葉の中には、悲しみも前向きな気持ちも悟りも、全てが凝縮されているように感じました。

もう一度彼の言葉を確認したい、とネットを検索して、気仙沼市の階上中学校と言うのがわかった。
そして、私と同じように、衝撃を受けた人がたくさんいたことがわかった。
「階上中学校 答辞」で検索したらいろいろと出てくるので、良かったら検索してみて下さい。
その時の衝撃を上手く書いている方もたくさんいらっしゃいます。
もしかしたら映像も出てくるかもしれないですね。


『階上中学校といえば防災教育と言われ、内外から高く評価され、
十分な訓練もしていた私達でした。

しかし、自然の猛威の前には人間の力はあまりにも無力で、
私達から大切なものを容赦なく奪っていきました。

天が与えた試練と言うには惨すぎるものでした。
つらくて、悔しくて、たまりません。

しかし、苦境にあっても天を恨まず、
運命に耐え助け合って生きていくことが、これからの私達の使命です。』

投稿者 anoa : 22:16 | コメント (0) | トラックバック

2011年03月22日

みんながするから

地震があってから、電車に乗ってでかけたのは今日で二回目。

電車は各停。いつもより暗い駅や店。早い閉店。

家の近所のスーパーもそう。

暗い。と感じる時もあれば、ジュースの自販機など、
今までどこか明るかったのかわからんくらいに違和感がないところもある。

ニュースを見ると、各地でほうれん草が売れてない。と嘆く八百屋さん。

テレビは、だいぶ通常通りの番組が戻っている。逆に戻りすぎちゃうん?と思えたり。

今は、みんなで助け合う。みんなで一つになる。みんなで明るい未来を描く。

そういうことはもちろん大事。だけど、どうも

みんながするからする。みんなが不安やから不安。みんなが良いと言うから良い。

というようになっているような気もする。
それって自分の意思がないから、みんながやめたらやめることになる。


お店は特に、これを機にいろいろ見直したらいいのに。とつくづく思う。

どの店も、年々正月休みは少なくなり、むしろ正月が忙しい。
コンビニも24時間空いてるのが当たり前だけど、昔はそうじゃなかった。
「エコ」だって、「エコ」とついてたらエエんか。と思える事は多い。

昔と同じにするのも違うと思うけど、今はおかしな事がいろいろある。
だけど、そうさせてるんは「お客様は神様」になった消費者や。

やっぱり、一人一人が見直さなあかんのやろうね。


*3/29の代々木ラボでのライブは、予定通りやります。

投稿者 anoa : 21:41 | コメント (0) | トラックバック

2011年03月15日

思うことつらつらと。

ブログご無沙汰しています。

まずは、3/17に予定していました、てくの川崎での「ライブマーケット」は
地震の影響で中止となりました。申し訳ありません。

こうしてブログを書いている時にも揺れました。
でも、今は無事ですので、ご安心下さい。

今回の震災については、ネットがあると言うのが、阪神淡路大震災の時との大きな違いだと思います。
総理の会見の時に、途中から手話が入ったのも、きっとネットの声からなんだと思っています。
テレビばかり見て、すっかり心がくたびれた時、ネットでいろいろな視点の感想を見て、楽になれる事もあります。気づきもあります。逆に悪い事もありますが。

被害をきちんと伝える事、現状を伝える事、被災者の悲しみ、前向きな姿、どんな事も伝える事は大事だと思うけど、どのチャンネルでも同じような内容。繰り返し流れる津波の映像に「こんだけたくさん見てると慣れちゃって、ただの衝撃映像みたいになるな」とテレビを見ながら言った旦那の言葉。
ネット上の被災者の方の意見で「被害の内容よりも、どこで何が得られるかなどの情報が欲しい」と言うものもあった。
私も、計画停電の実施で、自分の地域がどこでいつ来るのかを知りたかったけど、テレビもざっくりしか出ないし、電話もネットも一時は繋がらなかった。
被災者の方の気持ちは相当なものだと思う。

被災者にもそうでない人にも、同じ情報が流れていた。
と言う事にも気づいてなかった。

チャンネルごとに、被害状況、安否情報、ライフライン情報、地震とは関係ない娯楽、
などと分ける事ができたら、自分の必要なチャンネルに合わせられるので、少なくとも気持ちは楽なのかな。と思ったりもする。理想の話にすぎないかもしれないけど。

あと、私もそうですが、今回の地震で、交通や停電などの問題もあると言う理由で、関東で開催されるライブが中止になっているのが多いように思う。
こういう時だから、数時間でも不安を忘れ、皆で集まり、音楽やお酒を楽しむのも良い事だと思うけど、まず会場に行けない。行ったは良いが帰れない。と言う問題を考慮しての中止もあると思うから、それは仕方ない事かもしれない。

あと、ミュージシャンが「自分達にできる事は音楽だ」と言って、ライブなどいろいろしようとされてます。先も書いたように、たった少しの時間でも日常を忘れて、楽しい時間を過ごすのは、前向きな力を生むと思うし、賛成です。
私が子供の頃、結構なニキビ面でしたが、ライブを見に行った日の自分の肌がはイキイキとツヤツヤとしていると感じた事があります。ちょっと話が違う感じですが、音楽の力を感じた最初の体験です。

ただ、この震災などの非常事態で、「音楽で何か」をして良い人は、限られると思います。例えば、ライブをしてたくさんの人が集まって、そこで募金を募るならたくさんのお金が被災地に届けられるし、見に来た人も楽しい気分になれる。だけど、そうじゃなければ、ただ自分本位で、良い事をした気分になるだけだと思う。
残念ながら今の私は非力です。
だけど、予定のライブが決行するならば、良いライブをするよう努めるのが、今の私にできる事です。

人はついつい、他人に影響を受けてしまうものです。
それに、自分の事だけ考えがちです。

首都圏の食料品などの買い占めもそうだと思います。

計画停電も今は、「被災地の事を考えれば平気」と言う人ばかりだけど、
日常と違う不便さが続いたら、誰か一人の反対の声に賛同してしまうかもしれない。

どんなに進歩した世の中でも、自然の力には勝てない。
だから、人の「心」が大事なんだと思います。

被災地に加えて、これだけ人が集まっている都会でも、次から次へと不安な事が起こっています。

私も含めて、どうか、心は明るく、前向きで、穏やかでいられるようにと思います。

今の思いをつらつらと書きました。
批判してるつもりはないです。この災害を良い方向に向けたいと思うだけです。


話が変わりますが、
今の私は、サードアルバムのジャケット制作中です。
一応5月(日は未定)発売、リリースライブは6月26日で進めていますが、何とも言えません。
でも、とにかく進めています。楽しいアルバムが出来そうです。


_MG_0622_1mini.jpg

投稿者 anoa : 22:52 | コメント (1) | トラックバック