« 2012年07月 | <<< メインへ戻る | 2012年09月 »

2012年08月28日

キョンキョンとバロン

先週は、素敵な2つのライブを堪能してきました。

一つは、六本木のビルボードで開催された小泉今日子さんの30周年記念ライブ。
もう一つは、横浜のゲーテ座で開催されたバロン君の音楽喜劇「七つの大罪」。

小泉今日子さん、残念ながらまだ面識はありません。
普通にテレビの中の人「キョンキョン」です。

なので、初の生キョンキョンをかなり間近で見れて感動した。
歌も「夜明けのNEW」から始まって、ほとんどが知ってる曲でテンションあがるし、
「なんてったってアイドル」の時には、全力で「You are an idol!」って言った。

キョンキョンの歌声や歌い方は、テレビで見てた印象と同じで嬉しかったし、
大人の女性の雰囲気はもちろん出てるけど、話し方も、仕草も、顔も、とくに笑顔は可愛いすぎ。
ライブを聴きに行くと言うより、キョンキョンを堪能しに行ったと言う表現が合う。
お客さんもほんとに嬉しそうで最高の笑顔だった。
キョンキョンがいるだけで皆が喜ぶってすごいことだ。
アイドルから始まって30年、一線で活躍してる人やもんね。

そして、バロン君。
彼は私のイベントにも出てもらったこともあり、知り合いです。
一人のライブしか見た事ないけど、
初めて見る人でも心の扉がふっと開いてしまうようなパフォーマンス。

バロン君が、「こんなことがしたかった」と言う音楽喜劇。
歌もあり、お芝居もあり、笑いがあって、ドリフのようでもあり、
大人も笑って、子供もゲラゲラ笑ってる。
初めて見たジョーダンも、バロン君と同じく心の扉が開いてしまうキャラクター。

お話の内容も良く音楽も良く、感動するのと、
こんな事をやってしまうバロン君のすごさを改めて知り、尊敬をした。
歌って、楽器弾いて、タップして、お芝居して、内容まで考える。
端から見るといろいろやってすごいと思うけど、
バロン君にとってはそれがやりたい事だから、普通の事なのかもしれないね。

とにかく、いろんな町でやって欲しいと思った。こういうものは必要だと思う。


キョンキョンとバロン。

全然違う内容だったけど、その人が輝いていて、お客さんが喜んでいるのは同じ。

自分の好きな事に責任もって向き合い、お客さんを喜ばせようと考え、
1時間半と言う(偶然どちらも同じ時間だった)一日の中で考えれば短い時間だけど、
その中で日常を忘れ思いっきり楽めて、心が満たされたり、活力になったり、
癒されたりできるようなステージをされていた。

刺激になりました。

そして、いいものはいい!テレビの中の人も身近な人も関係ない。
心の幅をきかせて、いろんな音楽や芝居を楽しめるような世の中になればいいと思う。


baron.jpg

投稿者 anoa : 09:23 | コメント (0) | トラックバック

2012年08月12日

ロックの学校

8月8日@川崎市立養護学校

昨年から始まった「ロックの学校」は、養護学校の生徒さんなど障害を持った子供達が
遊びに行く場所があまりないことから、少しでも楽しんで夏休みを過ごせる為の
「夏休みを楽しくすごす会」の一つのイベント。

講師と言う名の元、ライブをする5組のミュージシャンは、去年と同じメンバー
歌正、ナガトミリュウスケ、安井則之、ミタヒデキ(今回はボク・デュランで出演)、anoa。

知ってる人が見たら、このメンバーで昼間の学校でやっていいの?
と思うような、夜のライブハウスでお酒を呑んで騒いでるようなメンバー。
お酒は呑んでないものの、ノリはあんまり変わらない。
でも、ラフで、来るもの拒まずなオープンなノリが
子供達が自由に過せる空気を作っているんじゃないかと改めて思った。

ゴロゴロしてる子、走ってる子、舞台にあがって横でじっと見てる子
ピアノを弾く子、踊ってる子、何故かぞうきんがけする子、いろいろ。
講師達も自分の出番以外は好きに過し、曲に参加したり、踊ったり
子供達と戯れたり、ほんとに自由。

私の時は、「どっちゃでもええねん」で横にいた女の子にピアノを弾かせたら、
適当なんだけど合うとこあってて、ロックな連弾ができた。

この無法地帯のような感じは意外とないと思う。
この楽しさの噂を聞きつけてか、去年よりも参加者が増えていたことは嬉しい。

「ロックの学校」だけじゃなく、コスモスペースのイベントに毎回来てくれる
自閉症の男の子がいて、最初は何にも話さなかったのに、
少しづつ話しかけると応えてくれるようになっていた。
それが、今回は終わって私が一人で立ってると、彼がこっちによって来て話しかけてくれた。
何て言ったかちゃんと聞き取れなかったんだけど、その行動自体にとても感動した。


私は年に数回の短い時間だけ、障害を持った子達と関わり
「楽しかった〜」等と良い事ばっかり言ってる。

日々のことを知らずに、無責任なところもあると思う。
自分に置き換えてみたら、不安があるのも正直なところだ。
だけど、楽しかったり、感動したりする瞬間があるのは本当だ。

私が昔から持ってた福祉への「なにかしてあげる」イメージ、
「こういう音楽が良いんじゃないか」と型にはめたようなイメージはここにはなく、
いつも通りでいて成り立つ関係がこの中にはある気がした。

これが「ロックの学校」だけではなく、世間でも成り立てば良いと思うけど
それはなかなかのきれいごとだ。でもこういう場所が増えればいいと思う。

と、いろいろ書いたけど、私が参加してるのは楽しいから。
今回も楽しかった。

みなさんありがとうございました。

20120808_2794897.jpg

投稿者 anoa : 13:52 | コメント (1) | トラックバック

2012年08月05日

あめちゃん9粒目を終えて

8月4日@渋谷gee-ge.
anoa presents "Yummy! Yummy! Candy! ~あめちゃん9粒目~"

前回の6月とは趣向を変えて、キャバレー風。
私の衣装もキラキラで、つけまつげも久々につけました。

アノアとペロがオープニングで演奏し、そのまま愛さんのショー。
そしてRockin' Enocky+トネーロさんのたっぷりめの演奏。
そして再び愛さんのショー。最後にまたアノアとペロ。

愛さんのショーは、お色気もありながら笑えて、みんな笑顔で見てた。素晴らしかった。
彼女がいなかったら成り立ってなかったと思う。

愛さんとは青い部屋にライブを出ていた時に知り合った。
あめちゃん1粒目の時はスタッフでスペシャルカクテルを作ってくれた。
数年会ってなかったけど、春に人の繋がりで再会できた。
そして出演してくれて嬉しかった。

Rockin' Enockyさんはペロさんのご紹介で出演頂いたけど、
とても気さくな方で、チャーミングな方でした。新たな良い出会いが嬉しかった。
ライブはかっこよく楽しく、やっぱり見てると笑顔になっちゃう。
急遽参加されたトネーロさんは、ハッチハッチェルバンドのベーシスト。
バンドとは違った面もありつつ、やっぱりかっこよく存在感のあるベース。
このデュオを見れて贅沢でした。

贅沢と言えば、同じくハッチハッチェルバンドのメンバーのドラマーペロ魚谷さん。
この二人がそれぞれ別のユニットで共演すると言うのはレアなものを見れて贅沢。

そんなペロさんとのデュオ、アノアとペロ。
ライブは二度目で、不慣れな部分や課題を感じたものの、
音を奏でている時は楽しく、今年に入ってリハーサルを重ねてきた安心感や、
バンド感を感じることができた。

見ている人には、「お互いがそれぞれ勝手にやってるけど、一つになっていて相性が良い」
と言うような感想を頂き、バンド感は伝わってないのかもしれないけど、
お褒めの言葉を頂き、今後の活動に意欲を出しています。

ペロさんも人を楽しくさせる魅力があって、ドラムもかっこいい。
一緒に演奏してるだけでいつもハッピーになります。

改めてハッチハッチェルバンドってすごいメンバーの集まりだと感じた。

今回のライブは、ギタードラム+ベースのデュオに、ピアノ+ドラムのデュオの二組。
なので最後のセッションの時は、ドラム、ベース、ギター、ピアノ。の編成。

普通だと人数が多くて賑やかしの人がいたり、ギターが二人がいたり、
ちょっと余計な感じがあるくらいがセッションぽいのに、
今回はセッションが一番バンドっぽくて安定して普通だったね。
なんて終わってから皆で話して笑ってました。
確かに妙な安定感を感じた理由はこれだったのかも。
でもすごく幸せな気分になりました。

そして、このイベントで忘れてならないスペシャルおつまみプレート。
作ってくれたのは引き続きgee-ge.のVIVA☆吉永さん。
みんなの要望に応えて、応えすぎてくれるくらいで、本当にありがたく嬉しい。
今回は大人のアテ。って感じでした。
お客さんにはゆっくりと呑んだり食べたりして頂けたようで良かった。

写真がプレートです。ぽこっとしたものを空けると中からマリネが。
愛さんの要望「鐘のイメージ」素敵すぎる。

いつもイベントをさせて下さるgee-ge.の皆様。
いつも撮影をしてくれるスタッフの皆様。
心強いスタッフがいて下さるからこそ、
私はイベントしたり、チャレンジしたりできるんだと思います。
本当にありがとうございます。

そしてイベントに華を添えて下さる素敵な共演者の方々、
Rockin' Enockyさん、トネーロさん、愛さん、ペロさん。
本当に素敵なショーをありがとうございました。

そして足を運んで下さった皆様。
本当にありがとうございました。

630922923.jpg

IMG_1958a.jpg

IMG_4312a.jpg

投稿者 anoa : 18:50 | コメント (0) | トラックバック