« 2013年04月 | <<< メインへ戻る | 2013年06月 »

2013年05月28日

カメヤ食堂ライブ

5月26日@反町 カメヤ食堂

北海道のミュージシャン英祐一の古いご友人がやってらっしゃると言うお店で、
英祐一がライブをすることになり、私も是非と誘ってもらった。

英祐一とは4月の長野の共演以来。
髪が金髪になってる以外は特に変わったことはなかったけど、
横浜で会ってることが初めてだし、何かへんな感じだけど嬉しかった。

この日は、たくさんの出演者がいて、ちょっとしたフェス風。
お店と言ってもほぼ野外。でも山の中とか海でもなく、前は車通りも多い道路。
そこで、歌ったり飲んだり人がたくさん。

マスターの人柄でこんなに人が集まってるんだとわかる。

この日の私は、ライブをしにいったよりは、英祐一を見に行ったような感覚。
ほぼ初めてのお客さんの中、彼はマイクを使わずライブをやりきった。

場所によってはちょっと聴こえにくいし、小さな声の時の良さが足りない感じだったけど、
それは何度も見てる私が思うだけだし、この場では、全然関係なかった。
彼の魂は最大限にはなたれて、歌もちゃんと届いてきた。
みんなガッツリ心を掴まれていた。それが見えた。

音響が良く、きれいに聴こえることも、もちろん大事だけど、
どんな状況でも、発する側の心が一番大事なんや。

この日もまた人間力の強い、英祐一にいろんなシゲキを受けた。

私も最大限にはなつ!

英祐一、カメヤ食堂さん、共演者のみなさ、おきゃくさん
ありがとうございました。

130526.jpg

投稿者 anoa : 10:01 | コメント (0) | トラックバック

2013年05月26日

ボブテイル復活

5月25日@池ノ上ボブテイル

2008年発売のアルバム「pianoaani」を録音した場所。
その発売記念イベントを開催させてもらったのがボテイルとして最後の出演。

その後は名前が「ruina」に変わって営業。

そこから数年、ボブテイルのマスター羽場さんが亡くなられ、
お店自体が閉店したようですが、この春から奥様がボブテイルでのライブを復活されました。

雰囲気はそのままで、床など痛んでいた所がキレイになっていた。
ご主人から奥さんへ引き継がれた感じが出ている。

このところ「ガリガリ研究室」でしか共演してなかった、島崎智子さんと、
久々で三度目の共演、岡沢じゅんさんとのボブテイルの夜でした。

こっちゃんもじゅんくんも人間力が強くて、
それと音楽が絡まって大きな魅力になってる。

やっぱりここでも、音楽と人柄。

自分の状況や久々のボブテイルやこっちゃんとの共演、
いろんな気持ちがミックスされて地に足がつかないような日だったけど、
今の自分に必要なものが気づけた日。

こっちゃん、じゅんくん、
ボブテイルたかえさん、おきゃくさん、
ありがとうございました。

130525.jpg

投稿者 anoa : 11:35 | コメント (0) | トラックバック

2013年05月24日

初・九州ツアー〜福岡〜

5月19日@福岡 ENOTN Works

ツアー最終日。

この日はみつのんさんの代わりに、イーガルさんと言う東京のピアノ弾き歌いの方が出演。
イーガルさんは、普段は現代音楽の作曲家さんとのこと。
現代音楽の作曲家ってどういうこと!?そんな人に会えるなんて!
あんまり詳しくいろいろ話は聞けなかったけど、きっと作曲最中などは別人なんだろうな〜。
と思えるようなカジュアルなお人柄で、ライブも面白いネタを入れたものだった。

ピアノはやはりお上手で、リハで高揚した私は、
イーガルさんにピアノを弾いてもらって歌うと言うのをお願いして、アンコールでやりました。
ピアノ弾き歌いが、ピアニストの伴奏で歌うと言うのはなかなかいいもんです。

ピアノ、と言えばこの日は「とんちピアノ祭り」と言うイベント名。
とんちさんもピアノ演奏をお披露目されてました。このサービス精神はもちろんのこと、
準備された以外に、即興でされた弾き語りには度肝を抜かれた。
歌とピアノの音程は合っていない。それでも、ピアノと歌が一体化して届いてきた。

この日のとんちさんは、最初から最後まで私には神がかって見えていたのだけど、
とにかくすごかった。この日のライブを見れて良かった。と心底思った。


この三日間を過ごし、やっぱり音楽には人柄、心が反映されると感じた。

みつのんさんも、とんちさんも、普段から優しくてハッピーな空気を持っててユーモアがある。
(本当の普段と言う訳ではないですが、)
ステージにあがると、いつもよりもサービス精神が足され、いつもよりワガママが足され、
いつもよりキリッとする。いつもの自分にほんの少しスパイスを足している。そんな印象。

普段が抜け殻のようでも、ステージでみずみずしく爆発する人もいると聞くけれど、
そういう人は天才肌で、大体の人は日常とさほど変わらないんだと思う。

まずは、日常の自分作りだ。

とんちさん、みつのんさん、本当にありがとうございました。

そしてツアー最終日の共演イーガルさん、ENTON Worksのみなさん、
おきゃくさん、ありがとうございました。


130519.jpg

投稿者 anoa : 08:24 | コメント (0) | トラックバック

2013年05月23日

初・九州ツアー〜山鹿〜

5月18日@山鹿アサヒ

古いものが好きな私は気に入ると思うとみつのんさんに言われてたアサヒ。

お店の前からも「エエ感じ」、お店に一歩入って「たまらん〜!!!」
マスターのなっぴんさんにお会いして、まだライブも始まってないのに、
行って良かったと思えるくらいでした。

近所にあったら、一人でゆっくりお茶をしに来たり、友達や恋人と来てもいいし、
なっぴんさんとお話に来てもいいし、どんなパターンでも居心地良くいれそうなお店。

ライブは、昨日と順番は同じで、また私が最後。
できれば先にやってゆっくり二人を見たいんですけど、と言うのはみんな同じ気持ちなので、
東京からのゲストとされている私がわかりやすく最後になりました。

同じメンバーで二日目のライブを迎えると、その人の選曲や流れがいろいろ見えて興味深い。

とんちさんは、昨日と全然違った曲や流れだったけど、
その場に合っていて、ちゃんと満足ができる。

みつのんさんは、曲はある程度決まっているけど、
流れは昨日と違ってて、やっぱり場にすっと溶け込んで満足ができる。

私は、、昨日に比べ、緊張し意識が散漫してしまった。

そんな事が伝わったのか伝わってないのか、ライブの途中、予想しない所で
とんちさんがウクちゃん(とんちさんの相棒のぬいぐるみ)と飛び入りされた。

思わぬ飛び入りにリラックス。
その後は逆に思わぬところで、とんちさんを呼び込んだ為、
氷を噛み砕きながらマイクに向かう、とんちさんが見れた。
この人はやっぱり面白い。

頂いたアンコールでは「僕は木こり」を三人で演奏した。
暖かな木こりに仕上がった。

三組一人づつのライブではあるけど、全部で一つのライブ。
お二人に助けられたと感じた夜でした。

なっぴんさん、ご家族のみなさん、お客さん、ありがとうございました。


130518.jpg

投稿者 anoa : 09:53 | コメント (0) | トラックバック

2013年05月22日

初・九州ツアー〜黒崎〜

5月17日@黒崎ストロベリーサワー

九州ツアーとして行くのは初めての九州。
福岡在住の、とんちピクルスさんと、大石みつのんさんに
どっぷりと甘えさせて頂き、今回のツアーが実現しました。

お二人のライブを見た事はあるけど、共演は初めて。
私よりお二人の方が不安があったのではないかと思います。
でも、人生においても私より先輩のお二人なので、
なんでもこい!と言う芯の強さや優しさを感じる三日間となりました。

初日の会場は、突然いらした送別会後の団体のお客様がいたりで満員御礼。

そのお客様達が途中にいらした為に、ライブを一時中断したのだけど、
その中断もそのお客様もしっかりとライブの一部に組み込んで、みんなを楽しませるとんちさん。
空気が暖まり、みんながリラックスしてる。
すごいな〜と初日から感動。

そして、みつのんさんが演奏されると、さらに一体感をましていく。
みつのんさんの、変幻自在な声は本当に素晴らしくて楽しい。

お二人が作られた空気に、のっかって、私も楽しく演奏できました。

最後のセッションも愉快だった。
うん。愉快と言う言葉がぴったりだった。

満員のお客様の前で迎えた初日。嬉しかった。

このイベントを仕切って下さった圭香さん、
会場のストロベリーサワーさん(マスターの豪快な笑いが良かったです)
みなさんありがとうございました。


130517.jpg

投稿者 anoa : 19:27 | コメント (0) | トラックバック

2013年05月06日

アノアとペロのゴーゴー1周年

5月5日@高円寺MOOM STOMP

去年の5月にMOON STOMPでアノアとペロのデビューライブをしてから一年。

汗かいて息切れしながら、ゴキゲンなライブをみなさんと一緒にできた気がします。

共演の角森隆浩さんは初めてでしたが、
私のライブを見ている時からテンションが高く、
ご自身のライブの時はさらにテンションが高く、
テンションを超えて、クレイジーさ満点のステキな方でした。

アノアとペロは、この一年でたくさんのライブをしてきたとは言えないけど、
ツアーも出来たし、毎回のライブを濃くやってきて、
「アノアとペロ」と言う一つの形をしっかりと作ってこれた気がします。

個人的な事ですが、ペロさんと出会ったことで、
私がずっとやりたいと思っていた「バンド」と言う形を作れました。

とりあえず遊んでみましょうか。
と、スタジオに入った時は、ここまで想像してませんでした。

人生何があるかわかりません。
やりたい想いを忘れなければ、すぐではなくても実現するかもしれません。

本当はアノアとペロでライブをもっともっとやりたいけど、
今、これだけ出来ていることもありがたいと思うので、焦らず、
やれる時はできるだけたくさんやって行きたいです。

アノアとペロを始めた事で、たくさんの新しい出会いがありました。
MOONSTOMPもそうです。どれも良い出会いばかりです。

anoaとして一人で活動してきた私にとって本当に大きな事です。

改めて出会ったみなさんに感謝します。

アノアとペロ、これからもゴキゲンさんでいきます。
これからもどうぞよろしくお願いします。


130505.jpg

投稿者 anoa : 17:17 | コメント (0) | トラックバック

2013年05月03日

小川村で再会

4月29日@長野小川村 りんりん館

英祐一とは、2年前の小川村のHESOROCKでの共演で出会った。

それがきっかけで、まさに「ガチ」と言う言葉がぴったりな
北海道ツアーを二度も彼と回った。

すっかり戦友となった彼と、小川村に一緒に行きたいね。
と話していたので、近いうちに実現が出来て嬉しかった。

小川村はライブ以外でも行ってるので、今回で5度目。

山の緑の奥に、連なる雪山が見える景色と言うのは何度見ても美しい。

今回は、早めに小川村入りをしていたので、
温泉に行ったり、お家作りのお手伝いをしたり、
HESOROCKのメンバーや家族のみなさんとバーベキューもしたりして、
小川村をゆっくり過ごしてからのライブだったので、気持ちがゆったりしていた。

どこのツアーでも前のり出来てたらいいのになぁ。

5ヶ月ぶりに会う英祐一は、髪が伸びて優しい感じになっていたけど、
ライブは相変わらず全速力で、でもとっても優しい部分もあって、
彼も旅を続けて、どんどん人間力が増してるようだ。
いくらでも英祐一の歌に浸っていれる感じだった。

最後は、ピアノで参加させてもらった。
久々のセッション、嬉しくて充実した。

だけど、自分自身には何かのひっかかりを感じた。

ライブを見る感覚は人それぞれだけど、
自分も演奏している気分で気持ちよくなれたり、歌の主人公になれたりして、
そこに浸れることが大事で、その為には、ステージの演奏者の技術はいるけど、
エネルギーだったり、魂だったり、ゆるがない想いだったり、
見えない部分が大事なんだと言うことが、北海道ツアーをしながら感じてきて、
その締めくくりが、英祐一との共演だったように思う。

もう一度、自分と対話してみよう。
どこかに押し込んでいる感情があるかもしれない。

りんりん館さん、HESOROCKのみなさん、英祐一、お客さん、
いつもありがとうございます。


130429.jpg

投稿者 anoa : 19:19 | コメント (0) | トラックバック

2013年05月01日

うたぼうし春の北海道ツアー〜恵庭〜

4月21日@恵庭 Mojo Hand

今回のツアーで唯一初めて訪れた場所。

名前は知っていて、ホームページを見たらとっても可愛いお店なので、
一か八か連絡を取ってみて、今回ライブをさせて頂ける事になった。

急遽、児玉梨奈さんと共演する事になった。
彼女とは最初の北海道ツアーで共演をしているので約一年ぶりの再会。

いろいろとライブや経験を重ねてきただろう彼女の成長が見えた。

なんて、人の事は見えるのにね〜。
自分の事になるとね〜。
刺激をもらいました。

Mojo Handのマスター、通常モジョマスは、すごく楽しい方で、
率先して会場を盛り上げていらっしゃった。
そんな盛り上げに少しづつ引っ張られるお客さん。
照れながらも振り付けをやって下さったりして、
どんどん一つになってきている感じが嬉しかった。

最後は突然の思いつきで梨奈ちゃんをステージにあげて、
あまり知らないながらも「東京ブギウギ」を歌ってもらった。
細かいことなんて気にしない。楽しんじゃえ!
そんなセッションが出来て、みなさんと一緒に楽しく終わりました。

終わってからは、お客さんも一緒に打ち上げをし、
モジョマスと梨奈ちゃんと私の3人になってからは、
音楽の真面目な話や、人生の話など、たくさんお話しました。

初めて会ったモジョマスだったけど、そんな感じがしない温かいお人柄で、
大好きになりました。

モジョマス、ライブをさせて頂いて本当にありがとうございました。

そして、梨奈ちゃん、共演してくれてありがとう。

お客さん、楽しい時間を一緒に作って下さりありがとうございました。


130421.jpg

投稿者 anoa : 17:28 | コメント (0) | トラックバック