« 2013年06月 | <<< メインへ戻る | 2013年09月 »

2013年07月31日

ジージでララランチ vol.89

7月28日@渋谷 gee-ge.

ジージのお昼ライブに二度目の出演でした。

ここでのブッキングは、若手のシンガーソングライターの方と共演できるので、
自分の演奏よりも、そういう人達のライブを見るのが楽しみでもある。

10歳以上(もっとだけど)も若い人達が、何を歌ってどう表現するのか、
と言うとババくさいけど、要は、触れていない世界に興味があると言うこと。

この日も、静と動それぞれの個性を感じて、楽しかった。

年齢がその人の個性の一つにはなると思うのだけど、
その人が、どんな環境で育って、どんな人達と出会って、どんな経験をしてきたかで、
その人は作られるし、それが歌になる。

私も基本的な個性は変わらないと思うけど、10年前に書いた曲の詞と今は違う。
それはたんなる時間の経過ではなく、経験あってこそ。

時間の経過だけでは、純粋な心がなくなるとも思えない。

経験は、人を作る大事な栄養だな〜。

ライブの話がほとんどありませんでしたね。

ジージでは9/4にイベントをします。
どうぞ経験しに来て下さいね。

ジージのブッキング鉄平さん、皆さん、いつもありがとうございます。
そしてお客さん、ありがとうございます。


130728.jpg

投稿者 anoa : 17:57 | コメント (0) | トラックバック

2013年07月25日

これからですやん!~絵本カフェholoholo五周年記念~

7月24日@難波 絵本カフェholoholo

holoholoさんの5周年イベントとして、
島崎智子さんが毎日違うゲストを呼びライブをすると言うものに、
ありがたく私も呼んで頂き、
名前は知っていて気になっていた絵本カフェholoholoさんで初めてのライブをしました。

当日お店についてから、こっちゃん(島崎さんの愛称)から、
この日は、話と歌と二人の演奏も混ぜてやりたいと告げられた。

ライブをします!私の出番です!

ときっちりしたものではなく、二人がしゃべったり、歌になったりして、
その時の流れで話も曲も決まっていくと言うもの。

そんな感じでライブはやったことがないし、不安もあったのだけど、
ガリガリ研究室で、人前に向けて二人で話す事の基盤が出来ていたこともあって、
予想以上にトークと歌と言うのが自然に出来て、二人で一つのステージを繰り広げたし、
二度と同じ内容にはならない、これぞライブ。と言うものが出来たと思う。

とてもリラックスはしていたけど、高い集中力がそこにはあって、
話をしながら、こっちゃんの歌を聴きながら、選曲をした。

終わってから、DJのようでした。

と言ってもらったけど、確かにそんな感じだったのかも。

そこの場で作られる音とトークの連なり。

互いの信頼関係があって出来た連なり。

とても良い経験をしました。

そして、これからもこの感覚を大事に、いろんなステージをやっていきたいと思った。

こっちゃん、holoholoさん、そしてお客さん、
本当にありがとうございました!

そしてholoholoさん5周年おめでとうございます!
これからですやん!お互いに!


130724.jpg

投稿者 anoa : 17:55 | コメント (0) | トラックバック

2013年07月23日

中2病日記〜猫を飼いました編〜

随分前に「中学生のある一年」と題して、過去の日記を抜粋して紹介しましたが、
http://www.anoaweb.net/blog/2007/07/post_79.html
久々にご紹介。天気が書いていないのは、土日です。


1/29。
今日、ネコを見に行った。チンチラとペルシャのあいのこで4ひきいた。
そのうち、グレーでとってもかわいくて、やんちゃなメスのネコをもらって帰ってきた。
元気に育ってほしい。ネコのセット一式かってきた。まだ一ヶ月で本当にかわいい。

↑セカンドアルバム「pianoaani」のジャケットに出ているのがこの子です。


2/3。朝、雪が積もったP。寒いが晴。
今日、猫の名前を考えた「ナーリ、ナナ、ジョジョ」などいっぱい案が出た。
んでPAPAがなんとかの本をかってきた。
そんなかからいろいろえらんで一応「シーター」にしようってきめたけど、
妹が「死んだー」ってきこえるっていうから又いろいろ考えて結きょくきめてない。
はやくきめてあげなきゃ。

↑妹にとっては重大なことだ。


2/4。
数学のてんけんテスト、おちゃめなまちがいばっかししてしまった。
猫くんは今も名なし。あれやこれやでもめているのら。もうどーすんのやー!

↑おちゃめな間違いってどないやねん!


2/5。
今日猫の名まえが決定した。〜〜〜チャンドラ〜〜〜「月の神」の意味。
でも、やん「チャ」くれの「ドラ」ねこだしいいやー。とかも言ってる。

↑後者の意味の方がピッタリな猫にすくすくと成長しました。


2/8。雨。
今日さんかん日だった。マミーはきてなかった。
理と国があった。理は一式わすれて、ちびっとはずかPかったけど、別に大丈夫だった。
ところでチャンドラは高価なものをたべている。1380円のミルクをのんでんだゼ。
やってらんないよ。

↑やってらんないのは、はずかPあんたの方だ。


2/15。春みたいにぽっかぽかの はRE。
今日○○おばちゃんと●●おばちゃんがきた。●●おばちゃん手作りのクレープをたべた。
very very Good。学校では特にかわったことはなかったよん。
別マをかった。チャンドラは200円の高級のカンヅメが好物だ。もうぜいたくものめが。

↑注)別マは別冊マーガレットのことです。


3/7。ちっとさっぷいくもりとはれ。
今日も○○とべんきょーした。あんましなかったけど×××
今日ペンまわしができた。くりりっとペンが指でまわるのさっ。
そうそう今日はチャンドラが「フー」っておこった。
チャウチャウの人形がキライみたいで、おこってた。
ちっとかわいそーやった♡

↑ほんまにかわいそうに思ってるんか?


3/8。すげーかぜ。晴ときどきくもりときどきあめ。
今日は、又○○とべんきょー会をしてしまった。もう明しけんだ。あーできるかな?
ペンまわしができるヨーになった。
「ちゃんどら」が夜ゴロゴロいってかおをすりよせてきてあまえてきた。
とってもキュートなんだけど、実はきょうぼうなんだな。

↑ペンまわしにはまる中2。


3/26。あつい晴。
個人しゃしんできあがったからもらった。
へんなかおやった。●●にみせたら「おんなしやん」やって。
キズついた。へんなかおやねんナ。
ところで、このキタネー字は、チャンドラのせい。
妹がびょーいんでおそくなるから、おかPがついていった。チャンがあまえてんの。

↑字の汚さも、いつもと同じです。


7/5。
チャンドがシャンプーして、リビングのマットの上でけずくろいしてて、
なんか悲しい曲がかかってたので、みてて「かわいそー」になってきた。
こどくのチャンドラだもんね。

↑なんか大げさ。


11/3。
今日は昼からずっと部尾でべんきょーしてたけど、目がつかれて目ばちこができちまった。
そいで、今日はチャンドがきょうぼうで(いつものことか)テレビみてたら、
ソファのとこにきて、いきなりつめたてて、私のあたまをカリカリとかじった。
ほんで毛がからまったのかベロベロして、ほんで又あたまをかじった。
あれはなんだったんだろう?

↑この年のチャンドラネタはここで終了しています。
チャンドラよりも、中2の私になんだったんだろう。と思う。


130723.jpg

投稿者 anoa : 17:15 | コメント (0) | トラックバック

2013年07月22日

いろどり cafe time

7月21日@大阪common cafe

青木拓人さん、かんのとしこさん、anoaのライブ。
イシイアキさんの帽子。
ネリkitchenさんのゴハン。

日曜日の夜に開催された「いろどりcafe time」は、
あたたかで、ゆるやかで、やさしくハッピーなイベントになりました。

青木さんは初めての共演だったけど、優しい人柄で、歌声やギターの音色も優しくて、
イベントの始まりをほわんと和やかにしてくれた。

そしてかんちゃんはもう何度も共演してるけど、今回も変わらずハッピーオーラが出てて、
アコーディオンの音色にうっとりし、素朴で楽しいMCに笑い、さらに会場をあたためる。

そして最後に私。いつもよりゆったりとライブをした感じ。
かんちゃんにも数曲入ってもらって演奏。
かんちゃんに入ってもらうと、いつも優しい気分になる。だから、曲も優しくなる。

最後は、三人で「オー・シャンゼリゼ」を演奏。
お客さんにも歌詞カードを渡したので、一緒に歌う人、手拍子する人、
私たちの演奏に浸る人、みんなで一つになった。

三人の演奏もとっても良かった。
リハでは多少不安げだった青木くんも、楽しそうだったし、
やっぱり音楽と言うのは気持ちが表れるし、
その気持ちがみんなに届いて楽しさが膨らんでいく。
この日は最初から最後まで、お客さんと良い時間を作れた。

空間演出と言うことで、イシイアキさんの帽子が飾られ、
出演者もその帽子を被ってライブをした。
そういうことは初めてで素敵だった。

しかも帽子好きの私には嬉しい企画。

好きな帽子を被って気分があがる。
いつもとちょっと違う雰囲気の帽子を被って気分があがる。

美味しいゴハンを食べて嬉しくなる。

イベントに限らず、ちょっとした気持ちの持ち方で、
嬉しくなることは自分のまわりにある。

日常の素敵を集めた非日常のイベントだったように思う。

そんな素敵なcafe timeから一転、打ち上げは居酒屋の座敷で、
おっさんメニューとビールで乾杯。
このギャップがエエ感じでした。打ち上げも楽しかった〜。

かおりちゃん、ネリkitchenさん、アキさん、
青木さん、かんちゃん、common cafeさん、お客さん、
ありがとうございました!


130721a.jpg

130721b.jpg

130721c.jpg

投稿者 anoa : 13:51 | コメント (0) | トラックバック

2013年07月15日

藤沢小文字ナイト

7月14日@藤沢 Bar Cane's

アノアとペロで2月に初出演させて頂き、今回はソロでの出演。

以前横浜のサムズアップで共演したmoqmoqさんと、
前回の時にもDJをして下さったtetsuさんとの3組でのイベントでした。

みんなの表記の共通はアルファベットの小文字。
と言うことを、moqmoqさんのライブ中のMCで気づいた。

小文字は可愛いよね〜。と言う結論。

そう、anoaもANOAじゃイメージが全然違う!

全部小文字ですので、どうぞよろしくお願いします。


この場を借りてのお願いをしたところで、ライブに話を戻します。

tetsuさんのDJは前回もだったけど、楽しかったりかっこよかったり、
ちゃんと場を作られる選曲で、大好きです。

今回は夏を感じる曲が多く、すっかり夏気分で体も揺らして楽しい中、
moqmoqさんのライブが始まる。

ウクレレ中心で、カリンバを使ったりの弾き語り。
最初にライブを見た時もだけど、moqmoqさんは歌の人だと思う。
体から歌が放たれていて、歌ももちろん上手だし、
声も気持ちよくて、浸っていられる。

一杯頂いたビールがほどよくまわる。
このままだと出番の時にはフニャフニャになってしまいそうだと思い、
お水を頂きながらにしたくらい、気持ちのいい時間でした。

この日の私のライブは、ソロだし、暑いし、と言う事で、
しゃべりも多めで、割とゆるゆるとしたライブになった。

最後はmoqmoqさんと二人で、「ブルームーン」と「恋のバカンス」をセッション。
ハモってもらって、とっても気持ち良かった。
女性のハーモニーっていいな〜。

たどたどしさもあったけど(私が)、良い感覚のセッションだった。

またやりたいな〜。

Cane'sさん、moqmoqさん、tetsuさん、おきゃくさん、
素敵な夏の夜をありがとうございました。

また10月にアノアとペロでいきますね〜!


130714.jpg

投稿者 anoa : 14:28 | コメント (0) | トラックバック

2013年07月10日

「ツ キ ノ ヒ カ リ」にむけて

9月4日にMontage.さんとanoaの共同企画「ツ キ ノ ヒ カ リ 」をします。

場所はanoaにとってはお馴染み、Montage.さんにとっては初の渋谷gee-ge.

Montage.のTAKAはバンドdefspiralのボーカル。
ソロ活動では名前をMontage.にして、アコギを弾き語ったり、
普段よりもカジュアルな雰囲気でライブをされています。

Montage.の活動は増えてるものの、gee-ge.でのようなゆったり座って
ご飯を食べたりできるスタイルのライブはしたことがないのでやってみたい。
と言う事で、彼の希望でgee-ge.でやることになりました。

当日のスペシャルフードはもちろん用意しよう!
と言う事で、昨晩は、gee-ge.の名シェフ、VIVA☆吉永の元を訪れ、
キッチンほろ酔い会議をしてきました。

またしてもステキなフードが出来そうな予感!

そして、このイベントのイメージ写真もgee-ge.の店内を隈無く使い撮影させてもらいました。

最初はステージでイメージ写真、そこからカメラマンさんのアイデアもどんどん沸いてきて、
ファッション誌ノリから、カフェなノリまで。

表情からポージングまで慣れたTAKAとのギャップを感じながらも、
良い写真も取れてそうだったし、久々のこうした撮影を楽しみました。

何故だか、最後にはVIVA氏の撮影タイム。笑。


と、ここまで何事もなく書いてきたが、
もしかすると、anoaとTAKAの関係が気になった人がいるかもしれない。

いわゆるビジュアル系バンドの彼とは、活動上の共通点がない。
実際に今まで共演したこともない。

彼の最初のバンドがデビューをして、
私がCD屋でバイトしてる時に、彼等のCDやポスターが入荷され、
すごいな〜と思った記憶。
私が上京してすぐ、渋谷AXでの彼のライブを見に行って
こんなにたくさんのファンがいるんだと、感動した記憶。

同級生の活躍に、喜びと刺激を感じた。

そうです。TAKAは同級生。

お互い長い音楽活動を経て、こうして初めて一緒にライブが出来ることは、
嬉しかったり、恥ずかしかったり、楽しみだったり、刺激的です。

楽しく美しいイベントにしたいな〜と、思います。

最初で最後になるのか、次回があるのか全くわかりません。
でも、貴重な夜になることは間違いないでしょう!


130709a.jpg

130709c.jpg

130709b.jpg

投稿者 anoa : 12:55 | コメント (0) | トラックバック