« 2013年09月 | <<< メインへ戻る | 2013年11月 »

2013年10月22日

まぐぱツアー in パラダイスロード

10月20日@北浦和パラダイスロード

まぐぱツアーが始まって、良いライブが出来ているアノアとペロ。

パラダイスロードでも、もちろん良い夜になりました。

もともと、ここはanoaソロで通っていたので、常連さんは歌を覚えてくれてて、
一緒に歌ってくれたり、手拍子、かけ声、とにかく参加しまくってくれます。
初めて聞く曲でも二番では歌ってくれてたりします。

そんなお客さんだから、アノアとペロはもちろん盛り上がります。

anoaのソロを良く知ってる方がアノアとペロが良いと言ってくれると、
本当に嬉しいし、自信がつく。

ここに来ると、心はいつもパラダイスだし、
酒場ライブの原点だな〜とも感じます。

お客さんがパンパンで入らないよ〜。
と言うくらいに人気が出て、恩返しがしたいです。

そんなお店ばかりですが。

温かく迎えて下さるお店とお客さんがいることは本当に嬉しいです。

パラダイスロードさん、お客さん、いつもありがとうございます。

※写真撮るの忘れちゃった

投稿者 anoa : 11:11 | コメント (0) | トラックバック

2013年10月16日

まぐぱツアー in ケインズ

10月12日@藤沢Bar canes

アノアとペロで二度目のケインズ。

思い切ってワンマンライブにさせてもらい、
お馴染みのtetsuさんがDJで、ライブ以外の色づけをしてもらいました。

ケインズはホメリとはまた違う雰囲気なのだけど、こちらも居心地が良く、
すでにホーム感が沸いて来ているお店。

ゲンゴさんは、私の左手のベースラインを特徴としてとらえて下さっているので、
ピアノのマイクの立て方もこだわって下さった。ありがたい。

ケインズもまだまだアノペロファンは少ないけど、毎回の方もいらして嬉しいことです。

2ステージ制にして、みなさんにはゆったりとお酒を呑んで頂きました。
こちらでもまた、ライブ後半に「乾杯〜」をしたのですが、
乾杯の後の、みなさんの一口ごっくん無音タイムがありました。

いいね〜。無音の一体感!

ライブ後には、アノアとペロが「ゴキゲン」と言う言葉を掲げていることを知らずに、
ゴキゲンですね。と言う感想を頂き、それも嬉しかった。

終わってペロさんと、お客さんにお礼の乾杯をしに回ってると、
ゲンゴさんが、披露宴で新郎新婦が乾杯してるみたいだと言った。

何だかハッピーだし、今後はアノアとペロのライブは「毎回が披露宴気分」
ってキャッチコピーにするか!

って、夫婦じゃないんだけど、、、

ケインズは、お酒が美味しいのだけど、
モヒートや、旬の果物を使ったカクテルがほんとに美味しい。
今回は巨峰を使ったものを頂きました。

そしてDJのtetsuさんのかける音楽は、ほんとに最高。
時にはBGMとして心地良く響き、時にはライブのように身も心も踊る。

お酒と音楽と仲間との良い時間。

ケインズはそんな時間が作れる場所。
まぐぱツアー二日目も最高!

ゲンゴさん、tetsuさん、お客さん、ありがとうございました!

131012.jpg

投稿者 anoa : 17:45 | コメント (0) | トラックバック

2013年10月06日

まぐぱツアー in ホメリ

10月5日@四谷ホメリ

アノアとペロのファーストアルバム「まぐぱ」の発売ツアー初日。

ホメリでのワンマンライブは三回目。
アットホームと言う言葉が似合う居心地の良さがたっぷりのホメリ。

アノアとペロもまだ三回とは思えないほどの、ホーム感でライブをさせてもらってます。

まだまだ無名のアノアとペロ。

予約状況が思わしくなかったのだけど、当日にはお客様も増えて、
その中には、先月のムーンストンプや勝手にウッドストックで見て下さっていらっしゃた方もいて、
本当に嬉しかった。って、なんて初歩的なことで喜んでいるんだ。
とお思いの方もいると思いますが、ほんとに嬉しかったのです。

その喜びの中、始まったライブ。

とにかく、ちゃんと歌をお届けしよう。自由にいられるように。自信を持とう。
と、これまた、初歩的な気持ちを持ってやりました。

ペロさんをある種ほったらかして、我が道を行くようなライブでしたが、
それがペロさんとも、お客さんとも一体感を生んでいると思えました。

ライブ後半にみんなで「乾杯〜」したけど、みんな一口ゴクっと呑んでる無音の数秒が、
この日の一体感の最高潮に思えた。

バンド慣れしていなかったので、ほんとにアノアとペロをしてから、
壁にぶつかったり、学ぶことが多いのですが、この日、一つの確信を得た気がした。

みんなで楽しい時間を作り上げました。

まぐぱツアーの皮切り、最高の夜になりました。

ホメリのアルージーヌ、エリちゃん、お客さん、ありがとうございました!!!

131004a.jpg

131005b.jpg

投稿者 anoa : 08:32 | コメント (1) | トラックバック

2013年10月01日

アノアとペロのファーストアルバム「まぐぱ」

アノアとペロの活動を始めて一年強。

思い返せば、とりあえずスタジオに入ってみよう→リハでええ感じ
→呑みに行きライブしようと盛り上がる→ライブ決める→スタジオに入る→やっぱええ感じ
→呑みに行きツアーしようと盛り上がる→ツアー決める。

と言うように、軽いノリで始まり、
呑んだ勢いで活動を決めていたと言っても過言ではないアノアとペロ。
名前だってとりあえず「アノアとペロ」にしときましょうか。ってなもんだ。

ツアーの為に作ったグッズは、陽気な二人の写真ステッカーのみ。
知らない人が見たら夫婦芸人と間違ってもおかしくない姿。

ライブ本数は多くはなかったけど、やればやるほど真剣にやりたくなってきて、
また周りの人も期待をしてくれて、気づけば一年を越え、
念願の勝手にウッドスットックに出演できることになった。

そんな大舞台に立つのに、グッズがステッカーだけなのはいかがなものか。

そして、これから活動するならやっぱり「音」は必要だ。

アルバムのレコーディングをするタイミングをうかがっていた矢先、
ペロさん所属のハッチハッチェルバンドの活動休憩の報告を受けた。

活動休憩は残念だけど、アノアとペロとしては、
神様に「やりなさい」とお告げをもらった気にもなり、
今やらないでいつやるの?今でしょ!って本気な「今」を感じ、作ることを決めた。

勝手にウッドストックに間に合わせようとした為に、日にち優先。

何もかも急なダメ元オファーの連続。
ところが、ウソみたいに皆さんのスケジュールが合いました。

私の過去二枚のアルバムを一緒に制作した信頼できるエンジニアの上野さんと、
二人の音をパッケージするにちょうど良いスタジオ、
大事な音の部分が理想的に作れることが決まった時に、良いアルバムが出来ると確信。

そしてビジュアル面では、二人の衣装のイメージが固まってはいなかったのだけど、
7月にイベントでご一緒したCULTHUTさんの帽子が素敵で、こんなイメージいいかも。
と言うペロさんの一言から始まり、だったら衣装はcavaneだ。と私の友人のお店を思いつき、
こちらも、扉が開けていくように、トントンと決まって行きました。

撮影場所は、ライブでお世話になってるMOON STOMP。
二人の楽器も入って、衣装との相性も良く、撮影後にはこれまた良いアルバムが出来ると確信。

アノアとペロの活動をしたい、今の二人の詰め込んだアルバムを作りたい、
と言う強い思いが、必要な人たちを運んできてくれたような気がします。

こうして素敵なアルバム「まぐぱ」が出来ました。
まずは、制作に関わって下さった皆様に心より感謝いたします。
そして、「まぐぱツアー」に関わって下さっている皆様にも心より感謝いたします。

今回は、自主制作で流通にのせていない為、今のところライブ会場のみで販売です。

東京では、四谷の小さな喫茶店homeriさんで扱ってくれることになりましたので、
お近くに行かれる方はそちらでも購入頂けます。

まだまだ始まったばかりの私たちです。
たくさんの方に、「まぐぱ」に触れて頂きたいと思っています。
どうぞ皆様よろしくお願いいたします。

アノアとペロ

131001.jpg

投稿者 anoa : 09:00 | コメント (0) | トラックバック