« 2013年11月 | <<< メインへ戻る | 2014年01月 »

2013年12月31日

2013年最後のご挨拶

皆様

2013年の最後の日、いかがお過ごしでしょうか?

私は、ほとんど掃除、洗濯と家事で終えましたが、
更新できていなかったライブ報告のブログを更新しました。

お暇な時にご覧下さい。

でも、時が経って更新すると、その時の完全な気持ちではないので、
来年からは時間差なく更新できるように、考えていかないといけないなと思ってます。

今年の活動を振り返ってみると、
春頃の出来事は今年やったんか!と思うくらいに昔のことに思えます。

一年一年早くは感じるけど、
こういう感覚があると一年と言うのは長い時間だと思います。
充実したと言えばそうかもしれません。

今年は主にアノアとペロのライブ活動でしたが、アルバムも作りました。
ソロで出しているミディのレーベルではなく、完全に自主で制作し、
しかも思い立って作ったので、計画性もプロモーションもありませんでした。
それでも、アルバム発売を喜んで下さる方、ライブをさせて下さるお店、
イベントを主催して下さる方、いろんな方の温かい気持ちを感じました。

良い出会いがたくさんありました。
嬉しいこともたくさんありました。

でも、「悔しい」と言う気持ちが大きい2013年となりました。

キャリアはあっても、ただ長い時間を進んできただけで、
経験も、誇れる経歴も、何もない。
そんな気持ちになってしまうこともあります。

でも、ずっと可能性は消えずに持っていて、
いつか花開くことを期待し、楽しみにしている人が回りにいてくれて、
時に厳しい意見ももらえることも、ありがたいと思っています。
そこに甘えてきたのかもしれません。

次のステージに進みたい。
もしかしたら、後退するかもしれない。
でも、いろいろチャレンジをしていきます。

2013年に関わって下さった全ての皆様には
本当に感謝しています。

2014年もまたお付き合い頂けたら嬉しいです。
これからもよろしくお願いいたします。

どうぞ、良い新年をお迎え下さい。

anoa

投稿者 anoa : 21:06 | コメント (0) | トラックバック

2013年12月30日

まいどの年末はゴキゲンさんでいこう!

12月28日@高円寺MOONSTOMP

歌い納めは、アノアとペロでした。

共演には、気づけば長いおつきあいの歌正。
来年は10周年になるとのこと。

自由な有友君を支えている(のか野放しにしてるのか)ショータローさん。
決めごとがないと言うのが、長く続いている秘訣かな?
と言ってらしたけど、それぞれなんだけど、一つになっている、
二人のあうんの呼吸も感じる。

これくらいの自然で自由にやっていけるようになりたいな。

アノアとペロも始めた頃に比べれば随分成長はしたと思うけど、
まだまだだなと思った歌い納め。

でも、そこにいた皆さんと一緒に楽しい時間は作れました。

歌正さん、MOONSTOMPさん、お客さん、
ありがとうございました。


131228.jpg

投稿者 anoa : 21:33 | コメント (0) | トラックバック

2013年12月23日

第二回「にょろにょろボヤッとやりたいねん!」

12月22日@池ノ上ボブテイル

anoaと島崎智子プレゼンツ、
第二回「にょろにょろボヤッとやりたいねん!」
今回は、私の友人の英祐一をゲストに迎えての回。

前回と同じように、ライブ前に三人でトルココーヒーを飲みながらのトークで始めた。

恋愛の話から始まり、最終的にはバンドとソロ活動の違いの話へ。
こっちゃんも私もソロや誰かとのセッションの活動をしているので、
英祐一の気持ちには興味があった。

解決策は、全部すること。だそう。

武田組(バンド)も、ソロ(英祐一)も、ソロの際のセッションも、彼は全部している。

それぞれに、きっと不満とか思うことが出てくるから、
一つしかやっていないとそこでイライラするけど、
全部やってるとバンドのイライラがソロで
解消されたりするんだろう。

何かとっても納得した。

トルココーヒー占いの結果は、
前回と違って、にょろにょろぼやっとした感じだった。

今の私がそんな気持ちなのかもしれないな。

いろんな刺激が頭の中を駆け巡って、そこから抜け出したい。

すっきりしたい。

そんな感じだ。

この企画は一旦終了だけど、普通のライブとひと味違って楽しいので、
形をかえて、と言うより、来年はガリガリ研究室の形を変えて、
皆様とお会いできるようにしたいと思いました。

お楽しみにしていて下さい。

英祐一、こっちゃん、ボブテイル、ヤマカゲ先生、
そしてお客さん、ありがとうございました。

131222.jpg

投稿者 anoa : 18:08 | コメント (0) | トラックバック

2013年12月22日

ムーンストンプ11周年ライブ

12 月21日@高円寺MOON STOMP

ムーンストンプの11周年のお祝いでアノアとペロで歌ってきました。

ロッキンエノッキー&トネーロさん、
ムーンストンプのヤスさんや、スタッフの方も出演されて、ライブ三昧の夜。

11年お店をされていると言うのは、すごいことだと思う。

お客さんが少ない日もあるだろうし、長い労働時間で体がしんどい時もあるだろうし、
それでも続けていくのには、どうされてきたのかな?
と言うような話をいつか聞いてみたい。

この日、一人の男性のミュージシャンの方に「まぐぱ」の歌詞が良かったと褒めて頂いた。
その方曰く、自分の思春期の気持ちを思い出したとのこと。

思ってもみない方向の感想だったので、新鮮だった。
でも考えてみたら、未だに自分の甘い考えとかクヨクヨするのとかって
思春期とそんなに変わってないかもしれない。

その話の時にエノッキーさんもいて、
「永遠の思春期」と言われていた。

確かにエノッキーさんは、少年のようだ。

翌日のライブの為に、終電で帰ったのだけど、
遅くまでいて、みんなといろいろ話をしてみたかった。

ムーンストンプのヤスさん、スタッフの皆さん、いつもありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。


131221.jpg

投稿者 anoa : 18:08 | コメント (0) | トラックバック

2013年12月01日

虹色シンパシー

11月30日@千葉ANGA

ソロでは行っているアンガで初のアノアとペロ。

ここはライブが始まる時に幕があくシステム。

アノアとペロのテーマのドラムが始まり、
幕がゆっくりあいていく。

始まりのワクワク感、ドキドキ感を込めて、
こういう始まりのイメージもしていたので、
嬉しかったな〜。

でももっと嬉しいのは、
幕が空いたら、満員の客席でワンマン。

そんな日を迎えれるようにしないとな。

短い時間の中、みなさんに何かは届けられたと感じました。

ANGAのみなさん、共演者のみなさん、お客さん、
ありがとうございました。


131130.jpg

投稿者 anoa : 18:58 | コメント (0) | トラックバック