« 2014年06月 | <<< メインへ戻る | 2014年08月 »

2014年07月27日

アリガトサンキュウツアー 〜高松繋がり関西編〜

7月18日@大阪 絵本カフェholoholo
7月20日@奈良 The Wembley Crown

三月の高松でのイベントでの共演きっかけで決まったライブが関西で2本。
どちらも私がやろうと声をかけさせてもらったのだけど、
まさに思い立ったら吉日ですね。やって良かった。

holoholoでは本夛マキちゃんとの共演。

マキちゃんの普段やっている曲を数曲セッションさせてもらった。
マキちゃんはとにかくギターのグルーヴが最高に良い。
ギター弾き語りの人で、こんなギターは聴いたことがないくらい。
そのグルーヴに乗っかって、私もグルーヴ出来たらいいなと思って
「左と右のグルーヴ」と言うライブタイトルをつけた。

二人のセッションから始まり、マキちゃんのライブ、私のライブ、そしてまたセッション。

二人それぞれの波と、二人での波、お店やお客さんとの波、
大きな一つのグルーヴが作れた夜だった。

二人の可能性も感じたので、また共演したり、ツアーもしてみたいと思った。


The Wembley CrownではNolenNiu-de-Ossiの定例イベントに参加させてもらった。

NolenNiu-de-Ossiの世界観は本当に独特で、
とる子ちゃんとキタ君のコンビネーションが素晴らしい。
演奏はかっこ良く、MCではほんわか、一度はまれば抜けられない。そんな感じ。

ノレンともセッションを数曲したけど、最後にはなんと会場に見に来てくれた、
本夛マキちゃんも一緒に歌っての「東京ブギウギ」。
ノレンの演奏に、ハンドマイクで歌う、アノアとマキ。楽しかったな〜。

ライブ後の打ち上げでは、とる子ちゃん、マキちゃんと私で、女子トークに花が咲く。
いつまででも話していたい気分だった。

ツアーをしているのも、ライブをしているのも、
音楽活動自体が人との繋がりで出来ているとは感じているけど、
この関西二日のライブも特に思いました。

本夛マキちゃん、NolenNiu-de-Ossiのとる子ちゃん、キタくん、
絵本カフェholoholoさん、The Wembley Crownさん、そしてお客さん、
ありがとうございました。


140718.jpg

140720.jpg

投稿者 anoa : 09:35 | コメント (0) | トラックバック

2014年07月26日

アリガトサンキュウツアー 〜Bar編〜

7月16日@高松 Bar RUFFHOUSE

おなじみにさせてもらっているラフハウス。
最近ではアノアとペロばかりでソロは久しぶり。

オープニングには、anryo☆

ライブの度に打ち上げで彼女にちょっぴりピアノレッスンをしていて、
その成果は関係ないのかもしれないけど、上手になってた。

私は、この日はどういうライブにするか迷っていた。
前日の二日間に比べ持ち時間も長いし、おなじみの店だ。
そしてソロだから、自由に曲は選べる。

今城さんが、今回の告知で「ちょっとのすきま」のPVを使って下さってたので、
久々にそれを演奏してみようと思い、そこからメニューが決まるのが早かった。

熱いカップルの歌「ちょっとのすきま」から、冷めた夫婦の歌「いやや」の落差。

10年経つと作る曲がこんなに変わるのかと自分でも驚く。
でも、今になって、どっちも歌えると言うのがおもしろい。

途中はanryo☆に入ってもらって「ギリギリまでボタンはおさない」を演奏。
弾けたね〜。楽しかった。

お客さんは毎度の方と初めましての方が半々くらいだったようですが、
最後にはみんなと一体感を味わえた。

ソロでは久々の長時間ライブ。
いい具合で、存分に歌ってしゃべって、Barライブの醍醐味を味わえました。

楽しかったです。

気持ちがバンドに傾いていて、
ソロのライブをどうしていいかわからないことが多かったのだけど、
この日のライブでソロの良さを感じることが出来た。
集まってくれた皆さんのおかげです。

ラフハウス今城さん、セイジさん、anryo☆、お客さん、ありがとうございました。

140716a.jpg

140716b.jpg

投稿者 anoa : 17:52 | コメント (0) | トラックバック

2014年07月25日

アリガトサンキュウツアー 〜岡山編〜

7月14日@岡山 あたらし屋
7月15日@岡山 MO:GLA

広島から移動して岡山へ。
今回ツアーの事情で、無理言って岡山で二日連続でライブをさせてもらった。

あたらし屋は、3月の岡山のライブの打ち上げで行ったお店。
帰り際に曲を披露したのをきっかけに今回のライブが実現した。

共演にはTOWSERと言うお店のジェイチャン&ネコチャンさんのユニット。
リハをしているのを見て、何か最後にセッションをしようともちかけたところ、
引き受けて下さり、二曲セッションした。
でも、急に出来るセッシ「オーシャンゼリゼ」でしめて、どうなん!?
と言う感じもしたけど、好きなように楽しくさせてもらいました。

マスターは三線で歌う方で、全部のライブが終わって打ち上げの時に、
数曲披露下さり、最後はみんなで踊った。沖縄民謡で踊るの楽しい。
マスターの演奏はステキだった。

終わってからはお客さんでいらしてた青木光男劇場さんも一緒に、
焼き肉、カラオケと打ち上げも満喫。

夜中までたっぷり遊んで、翌日も昼前から、岡山商店街をブラブラ。

考えたら岡山も何回も来てて、一番ブラブラしてることが多い気がする。


そして夜はMO:GLAでライブ。
こちらも3月の高松のラフフェスでのご縁でのライブ開催。

MO:GLAのボス三二さんと息子のヨシキさんのバンドOKAYAMA通天閣、
エンゲル秋篠さん、松下トオルさんが共演してくださいました。

皆さん刺激的で楽しいライブだった。
OKAYAMA通天閣は、親子ならではとも言えるし、親子っぽさがないと言えるし、
二人の良い関係が見えるライブでした。
お店は奥さんも含めた家族でされてて、家でも外でも家族一緒なのに、
新鮮な空気が流れてて、その関係は信頼がありつつドライな感じで、
本当にステキな家族だと思う。

MO:GLAのスタッフの方も家族のような感じで、良い関係なのがうかがえた。
打ち上げがとにかく楽しくて、居心地もいいし終わりたくなかった。

皆さんに会いたくなってすぐ会えない距離なのが残念だ。

ライブは、私にとっては久々に広い会場で高いステージ。
お客さんとの距離を縮めることが出来なかったかもしれない。
でもこうしたステージでもきちんと自分のステージを出来るようにしておかないとな。
どこでも出来ると思っていたけど、知らずうちに慣れや不慣れが出ていたみたい。

私にとって必要な夜だった。

私のわがままで決行した岡山2daysでしたが、
みなさんの温かさに触れ、濃い二日間を過ごすことが出来ました。

あたらし屋のみなさん、共演者のみなさん、
MO:GLAのみなさん、共演者のみなさん、
そしてお客さん、ありがとうございました。

140714.jpg

140715.jpg

投稿者 anoa : 12:49 | コメント (0) | トラックバック

2014年07月24日

アリガトサンキュウツアー 〜バンド編〜

久しぶりのソロでのツアー「アリガトサンキュウツアー」をしました。

7月13日@広島 LIVE Cafe' Jive

広島アノアバンドでのライブがツアー初日。

三度目のアノアバンドは、安心感も感じられた。
三度目と言っても、時間で言うと1日も一緒に演奏していない。
だけどそう思えるって、いかにライブの時間が濃厚かなんだろな〜。

ドラムにイシカワヤイチ、ギターにバッチグー山本。
可愛い弟のような二人との演奏は本当に楽しくて、
バンドスタイルと言うのもあり、弾けすぎてしまう。ツアー最終日にやりたいな。
そして一日でなくて、数日演奏したい。
良いバンドやもん。


今回は、アノアバンドも楽しかったけど、
秋本音楽事務所さん、ムキムキさんと言う素晴らしい共演者と、
それに加えてタナトリーヌさんの手相占いもあって、濃厚なイベントで楽しかった。

バンドメンバーもそうだし、共演者の方も、人間力が強い人が集まってた。

そういう人が作ったり奏でる音楽は、
誰のようでもなく、その人のものとして、見ている人に届く。

グッとくる。

声が良くて上手で、それだけでグッとくる人もいる。
声がずば抜けて良くなくても、グッとくる人もいる。

どんな形であれ、ウソや無理がない、
その人らしさを感じられるものに心が震えるのだろう。

お祭り騒ぎのような楽しいイベントの中に、大事なものが見えた。

ちなみに私の手相占いの結果では、金運が弱いとのこと。

これから稼ぐぞ〜!

広島アノアバンドのメンバー、共演者のみなさん、Jiveさん、お客さん、
本当にありがとうございました。


140713a.jpg

140713b.JPG

投稿者 anoa : 09:32 | コメント (0) | トラックバック

2014年07月12日

徹との部屋でトレビアン

7月11日@麻布 アザブノケムリ

杉原徹さんのライブのゲストにお呼ばれしてのライブ。

この日のライブでセッションをしたいとのことで、
数日前にリハをしたのが初対面。

私の曲の「いやや」「しゃあないやん」がお気に入りとのことで、
その二曲を含め5曲ほどセッション。

リハの時点でも楽しかったけど、本番はさらに楽しかった。

徹さんの自由なライブ運びにつられて、私も自由に出来た。
自由と言うより、ゆるすぎるかと思うほど。
でも、徹さんやお客さんやその場に自分を委ねながらも、
頭で考えたと言うより、勝手にしゃべったり歌った感じだったので、
良い状態でライブができたんじゃないかと思う。

徹さんとのコンビも楽しく手応えや可能性を感じたので、
また一緒にやってみたい。

徹さん、アザブノケムリさん、お客さん、
ありがとうございました。

140711a.jpg

140711b.jpg

投稿者 anoa : 12:09 | コメント (0) | トラックバック

2014年07月08日

パラダイスだったよアノアとペロ

7日6日@北浦和パラダイスロード

もう何度も出演させてもらっているけど、6月のスイングフェスティバル効果があっての、
初の満員御礼ライブになりました。

お客さんは、人生の先輩率が高く、喜んでもらえるか多少の不安もあったけど、
いつも通りのライブで、ゴキゲンにやりきりました。
喜んでいただけたし、盛り上がりもすごくて、すごく嬉しかった。

私の酒場ライブの原点とも言えるパラダイスロード。
お客さんも一緒にライブを作っていくことを感じたパラダイスロード。
とても良い夜になりました。

こんな場所をあちこちに広げたい。

少しづつ広がっているとも思う。

パラダイスロードのみなさん、お客さん、
ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

140706.jpg

投稿者 anoa : 11:26 | コメント (0) | トラックバック