« 2014年07月 | <<< メインへ戻る | 2014年09月 »

2014年08月17日

毎日アノアのサンキュウ川柳のこと

5月から始めた「毎日アノアのサンキュウ川柳」

良いと言ってもらえたり、お返し川柳を書いて下さったり、
反応がなかったりしながら、77回まで来ました。
まず、ご覧下さっている皆様、ありがとうございます。

ここで、川柳をしている、いきさつをお伝えしておきます。

5月に、広島のヲルガン座のゴトウイズミさんが、
自主映画「地下音楽現場物語」を持って
東京にイベントをしにいらしていたので行きました。

福岡のミュージシャンのボギーさんが取り上げられている映画で、
ボギーさんのピュアさや情熱や活動の仕方など、いろいろと刺激を受けました。

そのボギーさんが映画上映の後にライブをされ、
あきれるほどのアホさ具合(失礼)、突き抜けたライブで楽しかったのですが、
その日に特に印象に残ったのはMCでした。

「前日に、作家のはとさんの個展で演奏をしたのだけど、
会場には、はとさんが毎日作った鳥の人形が365個飾られていて迫力がすごかった。

自分の10歳の息子(モンドくん)にも毎日1枚の絵を描かせて、
ブログにアップして365日が過ぎたけど、
毎日続けると腕もあげて来ているし評判もよんでいる。
(その後テレビでも取り上げられて本も出したり大活躍中です)

365日と言うのは、すごいエネルギー。
何でもいいから、365日続けてみると言うのは力になると思う」

そんな事を語ってらした。
実感としての力強い思いをそこに感じた。

継続は力なりと言う言葉があり、
音楽を長年やってるのもそうだとは思う。

だけど、毎日かかさずやってるものって以外とない。

お弁当の写真も載せているけど毎日じゃない。ライブも毎日じゃない。
ピアノも歌も毎日練習出来てない。
寝る前のストレッチも呑んだらやってない。

やっぱ毎日ってすごいなぁ。で終わっていたが、
ある日、自分の音楽活動の一つで何か新たに出来ないかと思った時に、
365日のことを思い出した。

歌詞や曲を毎日仕上げて発表する、、、大変すぎる。

一日の中で感じたことを詩にする、、、イマイチ。

俳句、、、季語のしばりが大変。

川柳ってあったよな?

ルールを調べてみた。

これなら行けそう!

限られた字数にセンス良く言葉をのせるのは、
メロディーに歌詞をのせるのと同じ。

私にとって今年はサンキュウーイヤーなので、
5、7、5じゃなくて3、9にしよう。
3の始まりは絶対で、3、4、5とか3、3、6とかにしよう。

と言う訳で、川柳とは言えない文字数で、
低めのハードル設定をしての365日チャレンジを始めました。

ですが、すでに欠かした日もあって、
チャレンジ失敗と言えばそうなのですが、365まで頑張ります。

今後ともおつきあい頂けたら幸いです。
どうぞよろしくお願いします。

アノア

投稿者 anoa : 17:50 | コメント (0) | トラックバック

2014年08月16日

或る夜の出来事、お盆の巻

8月15日@東高円寺 U.F.O. CLUB

二度目のU.F.O. CLUB。

前回は名前を知っている共演者の方もいて、
事前から楽しみで、実際楽しい夜になったけど、

今回は、どんな方かわからず想像がついてなかったのだけど、
始まったら、どの方も世界観があって楽しいライブで、
30分づつのステージがどんどん過ぎていった。

ほんと世の中にはいろんな人がいて、
知らないだけで、ステキな人がたくさんいるんだと思う。

アノアとペロも初めましての状態だったけど、
トリをつとめさせてもらい、終わってから良い感想もたくさん頂き、
自分達の色が出せて、届いたことに安心した。

まだまだアノペロ流にお客さんを楽しませる方法はあって、
まだまだ演奏も突き抜けられるし、進化出来ると感じた夜でした。

トヨ元家と斎藤ネヲンサインさん、銀のポケットさん、イケダタクヤさん、前肩さん、
U.F.O. CLUBさん、お客さん、ありがとうございました。

全員と写真が撮れなかったのですが、前肩さんとU.F.O. CLUBの鈴木さんと。

前肩さんのこの日の衣装は、そうめんの妖精とのこと。
ぶっとび〜(って死語すぎる、、)


140815.jpg

投稿者 anoa : 18:37 | コメント (0) | トラックバック

2014年08月13日

極楽娯楽夏絵巻

8月10日@学芸大学APIA40

矢野絢子ちゃん企画に、アノアとペロで出演させてもらいました。
もう1組は、ハッチハッチェルオーケストラのハッチさんと
カンザスシティバンドの下田さんのユニット下八。

みんな知っているけど、初共演と言うこの日。

アノアとペロから始まり、下八、絢子ちゃん、全員でセッションの流れ。

出るのも楽しかったけど、見るのも楽しかったし、セッションも楽しかった。

絢子ちゃんのライブをちゃんと見るのは初めてだったけど、ステキだった。
高知弁でしゃべるMCもキュートだし、とっても魅力的だった。

下八は、完全におっさんの悪遊び。おもろすぎる。
普段は自分のバンドをしっかり束ねて素晴らしい音楽を届けているお二方が、
遊んでいる(遊びのクオリティが高いけど)感じがいいんだろうなぁ。

三者三様フルコースなイベントでした。

ここに出れて嬉しかった。

絢ちゃんありがとう。
そして下八さん、APIA40さん、お客さん、良い夜をありがとうございました。


140810.jpg

投稿者 anoa : 17:54 | コメント (0) | トラックバック