« 2015年01月 | <<< メインへ戻る | 2015年03月 »

2015年02月28日

素晴らしきTROPの世界

2月22日@代官山 晴れたら空に豆まいて&山羊に、聞く?

2会場を使って、午後から夜まで10組が出演した
コロリダスのイベント「TROP」

TROP は、 TRIP + TROPICAL

コロリダスがお届けする、ますますカラフルになった小旅行!
いろんな音に楽しい言葉がのっかって、大人も子供も歌えや踊れ!

そんなイベントの趣旨にぴったりの出演者が揃った日。

まず、そこにアノアとペロも入れてもらえた事が、とても嬉しかった。

誘ってもらえた事も嬉しいし、それが好きなバンドなのも嬉しいし、
他の出演者も好きだったり興味があるバンドばかりなのも嬉しいし、
嬉しいづくしで、この日を迎えました。

このイベントのすごい所は、2会場を使い、全出演を見れるようなプログラムになってること。

これは体力勝負だろうな〜と思ったけど、それぞれの出演者の良さがたっぷりで、
私も自分以外の出演者のステージを見て、癒されたり、高ぶったり、
笑ったりしながら、気づけば終わりだった。
カセットコンロスさんのステージに最後は私も乱入してバロン君と歌ったり、
とにかく楽しことだらけ。

共演者でお会いしたかった人にも会えたし、
お店の方やお客さんで、久しぶりに会えた方もたくさんいて、
出会いでも嬉しいことがたくさんでした。

アノアとペロも、たくさんの方に見て頂けたり、
終わってから声をかけてもらったり、ありがたかったです。

お酒もすすむけど子供も楽しめる、ライブを全部しっかりも見れるし休むこともできる。
盛りだくさんだけど胸焼けはしなくて、ライブハウス、カフェ、野外感が何となく全部あって、
そこにいる人が、それぞれの楽しみ方をできるようなイベントでした。

コロリダスの思いやセンス、人柄の賜物だなぁ。

こんな大きなイベントをするには不安も大きかったと思うけど、
やろうと思った意気込み、そして大成功で終えたこと、本当に尊敬します。

またやって欲しいし、そこにまた出演できる人でいたい。
そして、私もこんなイベントを出来る人になりたい。
と、良い刺激も頂きました。

共演の皆さん、スタッフの皆さん、お客さん、
そしてコロリダス!本当にありがとうございました。


150222a.jpg

ゴキゲンにライブを終えたアノアとペロ。
150222b.jpg

青谷明日香さんとコロリダスけんちゃんと。
150222c.jpg

アノハチ(byハッチさん)
150222d.jpg

きれっきれのモミーFUNK!氏
150222e.jpg

シメの言葉を述べる、コロリダスの英心くん&けんちゃん
150222f.jpg

だいぶ酔ってきてます宮坂君とアノア。
150222g.jpg

こりゃヤバイぞコロリダスのぽんちゃんとアノア。
150222h.jpg

何とお客さんでホームレス芸人の小谷さん。
天才万博も出たい〜。
150222i.jpg

ライブペイントで仕上げられたハッピーな絵。
150222j.jpg

投稿者 anoa : 22:32 | コメント (0) | トラックバック

2015年02月21日

カーボロネロとロマネスコ

何かのタイトル?

そんな風にも思えるけど、
カーボロネロはキャベツの一種、ロマネスコはカリフラワーの一種。
どちらもイタリア野菜のようで、ご存知の方もいると思います。

もちろん売ってる所はあるのだろうけど、
うちの近所では見たことがありません。

そんな野菜が何故我が家にあるかと言うと、
農業を営んでいる親戚が送ってくれたからなのです。

2~3年前、20代で無農薬農業を始めた彼女が、
出来た野菜を送ってくれた事がきっかけで、定期的に注文するようになりました。

葉っぱつきの人参や大根、大きなきゅうり、虫食いの葉野菜(虫ちゃん付き)
土の匂いのじゃがいも、見たことがない野菜など。

しかも一度の配送で大量に届く。

ムダにしないようにと、お裾分けもしながら、
面倒くさがりな私が、人参葉のふりかけを作ったり、煮物を作ったり、
今まで作ったことのないメニューに挑戦したり、いつもより料理をした。

野菜がそんなに好きじゃない旦那さんも、
彼女の野菜だと言うと美味しいと食べます。

実際に美味しいんだろうけど、
彼女が作った野菜だと思う気持ちが、美味しさを増してるのかもしれない。

私も美味しいと思うけど、
他のものと食べ比べをしてもわからないかもしれない。

知っている人が作った野菜と言う事で、美味しさや安心感、
大事に食べようとする気持ちが生まれていたんだと思う。

でも、お店で売ってる野菜も誰かが作ってて(彼女もお店に卸してるし)
無農薬うんぬんはあるけど、基本的にはその人が大事に育ててる。
野菜に限らず、本当は大事じゃないものってないよなぁ。

なんて事を考えてしまったのは、これが最後の野菜になったからです。

彼女は自分の次のステップの為に農業をやめる事になりました。
残念だけど、彼女の夢は応援しないとね。

今までお裾分けした人達も喜んでくれたし、楽しい野菜時間でした。

本当にありがとう。


150221a.jpg

150221c.jpg

150221d.jpg

150221e.jpg

150221f.jpg

投稿者 anoa : 18:48 | コメント (0) | トラックバック

2015年02月14日

新しいアーティスト写真撮影

facebookページの写真に載せている新しいアノアとペロのアーティスト写真は、
ライブもさせて頂いた札幌にあるDIXIE ROUXで撮影しました。

前回の時に、とても素敵な雰囲気だったのと、
アノアとペロに合っていると言って頂いたりだったので、
そこでアーティスト写真を撮りたいと思っていました。

カメラマンは、ami igarashiさん。
作品だけでなく彼女自身もとても雰囲気がある方です。
いろんな撮影をされている方ですが、
ミュージシャンだとショコラ&アキトさんも撮影されたようです。
これからきっと活躍が増えると思います。

いろいろ相談しながら、楽器の前だったり、テーブルだったし、
バーカウンターだったり、階段だったり、いろんなパターンを撮りました。

ショコラ&アキトさんの写真を参考に見せて頂いたのですが、
それはそれは素敵で表情も柔らか。

それに比べ私たちは、撮影慣れもしていないので、乏しいポージング。
表情も固かったり、向き合って話したりするのも照れたり、
なかなか大変でしたが、お話しながら楽しく撮影を進め、
良い瞬間瞬間をおさえていただきました。

まだ全部は見れていないのですが、
何か作品に出来たらいいな〜と思います。

amiさん、DIXIE ROUXさんありがとうございました。

150212b.jpg

投稿者 anoa : 16:07 | コメント (0) | トラックバック

2015年02月12日

アノアとペロ「やってきました真冬ツアー〜札幌〜」

2月12日@札幌 DIXIE ROUX

前回初めて行って大好きになったお店。

昼間にアーティスト写真を撮影し、夜のライブまで、
たっぷりとDIXIE ROUXを堪能しました。

今の私たちには広すぎる会場で、無理をしているのかもしれないけど、
ここでのアノアとペロは見ても聴いても心地が良く、
日常を離れた時間を過ごすことができると思います。

お客さんの出足が遅かった今回。
ヒヤヒヤしたけど、ライブ無事に出来て、
お客さんと一緒に「カンパイ!」も出来たし、楽しんで下さったようで、
本当に嬉しくありがたかったです。

広すぎると思わなくなるほど、ここでも常に満員御礼を目指したい。
DIXIE ROUXのみなさん、お客さん、ありがとうございました。

二カ所の北海道ツアー。
帰りも悪天候で帰れるのかどうかと言う状況でしたが、遅延だけで無事帰れました。
行きも帰りもヒヤヒヤしましたが、無事ツアーが出来て良かったです。

この数日で起こった事全て、これからのアノアとペロにとって大事な意味があるように思う。
ありがとうございました。

また皆さんに会いたいです。

150212a.jpg

投稿者 anoa : 16:06 | コメント (0) | トラックバック

2015年02月11日

アノアとペロ「やってきました真冬ツアー〜函館〜」

2月10日@函館 PUB THE BEATS

ツアータイトル通りと言えば良いのか、
ライブ前日に函館は大雪で、当日も飛行機が飛ばないかもしれないと言う状況。

朝は欠航。午後も怪しい。
飛ばなかったからライブできないよね、、
もし飛んでも函館じゃなくて札幌に着陸の可能性って、そっからどうすんの?間に合うの?
など、不安いっぱいで羽田に向かいました。

まあ大丈夫でしょう。とペロさんに励まされ
間が悪い私だけど、きっとそこまでは間が悪くないはずと信じました。

お天道様は、函館に行くことを許してくれて無事に到着。

いつもお手伝いをしてくれている、ゆめこちゃんのお迎えで、
ビーツに入る前に、お茶をしました。

ペロさんに38億円があったらどう使おうと言う、アホで真面目な会話で夢が膨らむ。
私も衣装と帽子を二つ買ってもらえることになりました。(二つかよ!)

ビーツのチーフもシズカさんも、ゆめこちゃんも、4ヶ月ぶりくらいなのですが、
久しぶり感がなくて、あれ?と思うほど再会の感動はなかったけど、
逆に「まいど!」感が出てきて、仲間入りさせてもらえたようで嬉しかった。

ビーツは、お店に来るお客さんも愉快であったかい人ばかり。
三度目になるけど、「まいど」の方もいるし、新しい方もいるし、
それでもってたくさんの方がいらして下さるのだから、本当にありがたい。

今回の1ステージ目は、お客さんをほぐしきれてなかったかもしれないけど、
2ステージ目からどんどん、お客さんもほぐれて高ぶっていた。
本編後、熱狂的なアンコールを頂き、そこから急に盛り上がりを見せ、
ダブルアンコールまで、驚きの一体感がありました。

最後で盛り上がりすぎやろ。と思ったけど、これが最初からだと最後までもたなかったかもね。
と言うことで、雪解けのような、じわじわと熱い夜になりました。

待ってくれている人がいるって幸せだ。

すぐに会いたい。

でもすぐに会えないから良いのだと思う。

チーフ、シズカさん、ゆめちゃん、お客さん、
ありがとうございました。

150210a.jpg

150210b.jpg

150210c.jpg

投稿者 anoa : 16:05 | コメント (0) | トラックバック

2015年02月10日

パラダイスは着実に

2月8日@北浦和 PARADISE ROAD

PARADISE ROADでの常連のお客様でもあり、
ミュージシャンでもあるドラマーcominoさんが参加しているバンド
Catfish Chipsがオープニングアクトをして下さいました。

cominoさんとペロさんはドラムの趣味が合うようで、
いつもドラム話で盛り上がっているのですが、
今回はペロさんのドラム椅子と同じ仕様のもの、手作りのミニバスドラムを披露されたりと、
熱の入れようにペロさんも喜んで、二人は会場入りから盛り上がっていました。

ライブは、Catfish Chipsの演奏が終わってから私たちが合流し、セッションから始めた。
彼らの編成は、ドラム、ギター、チューバ。
なので、5人でダブルミニドラムに、ピアノ、ギター、チューバと言う
珍しい編成だったけど、とってもバランスが良かった。

曲は、セッション曲にもなってきている「僕は木こり」
チューバの響きがぴったりなのもあって、また新しいキャラクターの木こりが生まれた。
色づけされる嬉しさと、楽しんで演奏して下さる嬉しさ。幸せなひととき。

セッションが終わるとアノアとペロのテーマのドラムが始まり、
それに合わせてCatfish Chipsは退場。

そこからは、いつものアノペロライブ。

ここ何回かは新たな常連さんが増えて、満員御礼と言っても良いくらいです。
お酒を呑んだり、お食事したり、手拍子したり、
歌ってみたり、ヤジも飛ばしてみたり、それぞれ自由に楽しんで下さっている。
その光景にさらにノッていくアノアとペロ。相乗効果やね。

音楽好きな方はもちろん、
普段ライブに行かないけど、友人に誘われて来たのをきっかけに、
私たちのライブを楽しみの一つに加えて下さっている方もいるのは、
本当にありがたくて嬉しい。

こういう場所が、少しづつでも着実に増えていくようにと思いました。

PARADISE ROADさん、Catfish Chipsさん、お客さん、
ありがとうございました。


150208a.jpg

150208b.jpg

投稿者 anoa : 11:30 | コメント (1) | トラックバック