« 2015年12月 | <<< メインへ戻る | 2016年02月 »

2016年01月13日

​ 「みんな集まれ!新年にカンパイ!」

​2016.1.8(金) 高槻 cafe&bar pike
「みんな集まれ!新年にカンパイ!」

出演:ウミネコ楽団/松本英二郎とチェリーくんとアノアちゃん

pikeの赤いステージに、オモチャ楽器が並ぶ。
前日もとても素敵なステージだったけど、この日も絵になっている。

セッティングされたステージを見て、どんな音が聴こえてくるのか
ワクワクできるのって、もうライブが始まってる気がする。

「みち」から明るく始まり、「ブキミちゃん」
みんなに「BUKIMI」を言ってもらえました!ありがとう!

そして、この日も年男のスージー君の出番。
(スージー君はシンバルを叩くお猿のオモチャです。)
みんなが笑顔になるスージー君タイム。

前日よりもコンパクトにした内容で、ウミネコ楽団さんへバトンタッチ。

共演は初めてだったのですが、二人の織りなす
コントラバスとアコーディオンの、優しくてカラフルで豊かな世界。
ヨーロッパにいるような気分でうっとりしちゃいます。

そうそう、リハの後には、私以外の4人で
ミュゼットのセッションが始まり、パリの街中にいるようでした。

こういう突然のセッションって、
ステージとは違ったラフな感じがまた良いんです。

話を戻して、、最後にはセッションを3曲しました。
そのうち1曲は、私と洋平君で「オルゴール」
ピアノと歌とコントラバスだけの世界。

この曲の世界を見事に広げてくれて、
美しくて泣ける音色に包まれながら、歌の中にいました。
他の曲もやってみたい!

他の2曲は5人全員で。
生楽器のぬくもりと、5人の音が重なった賑やかさで、
遊園地にいるような、ハッピーなセッションになりました。
この5人でバンドも成り立つなぁ。
可能性をたくさん感じた夜でした。

ウミネコ楽団さん、松本英二郎くん、チェリーくん
pikeさん、お客さん、ありがとうございました。

160108a.jpg
160108b.jpg
160108c.jpg
160108d.jpg
160108e.jpg

投稿者 anoa : 21:35 | コメント (0) | トラックバック

2016年01月12日

「松本英二郎とチェリーくんとアノアちゃんのおもちゃな音楽会 その2」

​2016.1.7(木) 大阪 common cafe
「松本英二郎とチェリーくんとアノアちゃんのおもちゃな音楽会 その2」

音楽:huenica/松本英二郎とチェリーくんとアノアちゃん
空間演出:ka-ji-(キャンドルホルダー)
ごはん:ネリkitchin 〜野菜から生まれた元気ごはん〜

去年7月ぶりの、松本英二郎とチェリーくんとアノアちゃん。
二人の曲や私の曲を、曲ごとに担当楽器を変えて演奏。

ピアノと歌のスタイルではなく、おもちゃ楽器と戯れるanoa。

食材を、イタリアンにしたり和食にするように、
自分の曲が、こうして料理されるのは嬉しくて楽しい。

私自身は、慣れない楽器を演奏するので、
不慣れな部分が出ているのだけど、感じるままに、
気の向くままに、素直に音にすることをメインにしていて、
ソロや、アノアとペロとはまた違う感覚でライブをしています。

少し前なら、頭ばっかり働いていたからできなかったかも。
今だからできるこのユニットかもしれません。

huenicaさんは、初めて初共演でしたが、
アコースティックギターとピアノ、ピアニカ、鉄琴などの楽器、
そして歌が、うまく絡んで、二人だけど、とっても豊かな音が聴こえて、
ずっと聴いていられる心地良さ。

旅を続けているので、そういった歌も多く、
ちゃんとしたタイトルは忘れちゃったけど(ごめんなさい)
「田の人と旅の人」の曲がとても良かった。
長く歌って人の心に届けていく歌なのかなって思った。

この静と動のような2組の共演を一つにしたのが、
キャンドルホルダーで空間演出をしたka-ji-。

背後から静かに、お互いのステージを見守り、
繋げてくれているようでした。

ka-ji-とは数年前に出会い共演した以来ぶりだったけど、
作品がより細かくなり、楽しい仕掛けもあったり、
進化していて素晴らしかった。

huenicaさんが言っていたけど、
一つ一つの作品に物語を感じるそんなキャンドルホルダー。

空き缶(廃材)がこんな風に生まれ変わるなんてステキ。

楽しく暖かい歌い初めになりました。

huenicaさん、松本英二郎くん、チェリーくん
ka-ji-、ネリkitchinさん、かおりさん、common cafeさん、
お客さん、ありがとうございました。

160107a.JPG
160107b.JPG
160107c.JPG
160107d.JPG

投稿者 anoa : 17:20 | コメント (0) | トラックバック